最近のトラックバック

« 僕の魂のどこかにスイッチが入った | トップページ | 小学生でさえもうこんな日本を信じていない »

2011年6月13日 (月)

お見舞い

僕が日頃大変お世話になっている富山国際学院学院長の奥村先生が自らのブログで胃癌であることを告白された。

奥村先生は長年富山で学習塾をやってこられた。還暦を迎える直前、先生は富山大学に入学し、そして見事卒業された。その後塾を閉じ、富山国際学院の日本語教師、理事を経て、学院長に就任した。苦労人である。

GWには被災地石巻に、富山よりボランティアに来られたばかりだった。手術をし、治療に専念することになるのだが、治癒することを僕は確信している。奥村先生にはやるべきことがまだまだ残っている。ゆえに癌は先生に休息のチャンスを与えたに過ぎない。

先月は先生から美味しいホタルイカを送って頂いた。ジャズが好きな奥村先生は是非ベーシーでジャズを聞きたいと言っていた。そのためにも一日も早く元気になってもらいたい。

僕の母も奥村先生と同じ年にリンパ癌を患ったが、癌の新薬が効を奏し、今ではバリバリに働いている。真夏でも草刈をしているので、まるで僕が年老いた母をいじめているような空気感を醸し出し困っている(‥苦笑い)。

東北の復興、そして福島第一原発の収束祈願を毎日やっている僕だが、奥村先生の治癒祈願を最優先し、手術の成功を祈りたい。

奥村先生!頑張ってとは言いません。でも必ず治ります。かねごん宇宙パワーを毎日発信します!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 僕の魂のどこかにスイッチが入った | トップページ | 小学生でさえもうこんな日本を信じていない »

コメント

かねごん先生、ご無沙汰いたしております。この度はまた私ごときを記事にしていただきありがとうございました。私への買いかぶりもありますが、記事を読ませていただき感謝いたしております。
今日これから入院いたします。入院中もこちらのブログ、楽しみに読ませていただきます。
まだまだ厳しい日々が続くと思います。どうぞご自愛を。

(かねごん)
奥村先生、おはようございます。
先生の記事を書いたときの、アクセスポイント数が今までの最高記録を樹立しました。
先生の勇気と、先生への励ましのポイント数だったと思います。
今日から入院ですか。しばらくは忍耐の日々だと思います。ご自愛下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見舞い:

« 僕の魂のどこかにスイッチが入った | トップページ | 小学生でさえもうこんな日本を信じていない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ