最近のトラックバック

« 「唐人町寺子屋」泣くということ | トップページ | 平泉世界遺産決定 »

2011年6月26日 (日)

こどもが変わるためには、親が変わらなければならない

子どもの後天的精神疾患や慢性の疾患の原因の多くが、両親の問題に起因する。愛情の問題と言ってもいいかも知れない。

夫の浮気、家庭内暴力、アルコール依存、金銭トラブル、別居、そして離婚。家庭内で錯綜する負の波動が子どもに放射されて行く。学生時代から足掛け20年間、塾教師の仕事と並行して家庭教師の仕事をしてきた僕は、ダイレクトに家庭と生徒の問題に向き合う機会が多かった。

プライドや世間体だけでは、子どもの教育の積極的な動機付けにはなるはずもない。お金を費やしたからといって、必ずしも良い教育を施されるわけではない。

こどもが愛おしくない親などいない。しかし残念ながら愛情の注ぎ方を知らない親は多い気がする。自分が親に愛されなかったという思いを持っている親御さんは、自分の子どもの愛し方に戸惑うことが多い。

疲れて寝てしまった自分の子どもに対して、「今日も宿題をしないで寝てしまった」という思いではなく、「今日もご苦労さま。疲れたんだね。ゆっくりおやすみ」という声を眠っている子どもにかけてあげてはどうだろうか。子どもの魂は安らぎ、エネルギーを回復する。

父親のフラストレーションや家庭内での抑圧は、息子に放射され、母親の心的ヒステリーの感情は娘に伝播して行く。

こどもが変わるためには、親が変わらなければならないという信念が僕にはある。

僕は専門の心理カウンセラーではないし、まして宗教家などではないが、聞く耳を持って頂ける親御さんには、僕は全身全霊でカウンセリングをしている。終わって親御さんが帰った後は、1時間ほど身体が動けないくらい疲労感におそわれることがある。大げさではなく、命がけの時もある。

そして親の意識が覚醒すれば、間違いなく子どもが好転して行く。

ぶちまけて言えば、僕は神様も守護霊も天使もみんな信じている。信じているから、目にみえない何かが僕を応援してくれている気がする。

昨年の夏、某神社に20年ぶりに参拝に行った。神様に長らくご無沙汰してしまったことを平に謝ってきた。その後、めったに僕の塾に来ることのないその神社のある学区の中学生が4名入ってきた。何と4人とも住所はその神社の近くだった。やはり神様はいるようだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 「唐人町寺子屋」泣くということ | トップページ | 平泉世界遺産決定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどもが変わるためには、親が変わらなければならない:

« 「唐人町寺子屋」泣くということ | トップページ | 平泉世界遺産決定 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ