最近のトラックバック

« 父に贈った最後のプレゼント | トップページ | 小林先生の記事『内部被爆』 »

2011年6月20日 (月)

涙の大会

土曜、日曜と中総体の卓球大会だった。練習をしようにも4月以降、体育館が地震で破損し思うようなスケジュールをこなすことが出来なかった。大会そのものの開催も危ぶまれた今回の中総体だったが、一関一高の体育館をお借りし、なんとか大会を終えることが出来た。大会の運営にご尽力頂いた先生方には感謝で一杯である。

我がチームは前回新人戦で県ベスト8とに入ったものの、同じメンバーで臨んだ今回の大会は、残念ながら県大会そのもの切符を手にすることが出来なかった。僕の采配ミスである。

個人戦も4名が代表決定戦に進んだが、3人が涙の敗北となった。一関地区はレベルが高く、地区予選の決勝戦がそのまま県大会の決勝戦と同じ顔ぶれになる。

代表決定戦に勝ち残ったほとんどの生徒が、部活動以外に何らかのクラブチームや団体に所属し練習している選手たちだ。、僕のチームのSくんだけが、ただ一人部活だけの練習で、代表決定戦まで勝ち上がった。

中学校1年で初めてラケットを握ったSくん、個人戦の県大会出場は果たせなかったが、今後の活躍が楽しみである。ベンチコーチをしていて、何度も目頭が熱くなる子供たちの戦いぶりだった。

練習中にも頻繁にやってくる余震。困難を極めた練習場の確保。いろんな想いが競技場の中で溢れてきたのだろう。涙の多い大会だった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

« 父に贈った最後のプレゼント | トップページ | 小林先生の記事『内部被爆』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙の大会:

« 父に贈った最後のプレゼント | トップページ | 小林先生の記事『内部被爆』 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ