最近のトラックバック

« だから塾を続けている | トップページ | 仕事に復帰 »

2011年5月 3日 (火)

GWの一関市

クリックすると新しいウィンドウで開きます

一関市釣山公園からの展望である。眼下に見える川が市内を流れる磐井川である。僕は高校の頃よく授業をさぼり、この城跡の公園にきて本を枕に昼寝をした。若かりし頃の啄木をまねたわけではないが、高台から見下ろす風景を見ていると、自分が何かしなければならないんじゃないかという焦燥感や、自分のちっぽけさを感じ、こぶしを握りしめたものだ。

僕の塾は、写真右上の桜並木のすぐ下にある。高校時代、花泉の山の中からこの街に通ってきていた僕は、将来この街で塾を開こうとは夢にも思わなかった。こうやって今、35年前と殆ど変わらない風景を見ていると、不思議な感覚に陥る自分がいる。

正面に見えるのが束稲山である。

  『ききもせず 束稲山の さくら花
    よし野のほかに かかるべしとは』

西行法師も詠んだほど、平安当時、春には 一山が薄桃色に見えたという桜の花の名所である。

クリックで拡大

今年はその束稲山から見下ろせる平泉の町も、藤原祭りが中止になり 静かなGWを迎えている。世界遺産登録に向け新たな年を迎えた矢先に、大震災に見舞われた。

昨日、地震でファックスが使えなくなった塾の電話を買い替えに行ったのだが、津波で家を流された方々が、電話を買い求めに来ていた。聞くともなしに耳に入ってくる話に、僕は涙がこみ上げてきた。電話が使えるからファックスなんかどうでもいいやと思い、僕はそのまま帰ってきた。

この美しい風景とは裏腹に、多くの悲しみがこの街には埋れている。

*震災にあい、一関に仮住まいをされる方々で、小学生や中学生のお子様がいっらしゃるご家族の皆様にお願いがございます。大験セミナーでは、被災された子どもたちのために、無料の日曜教室を隔週で行います。僕の塾がやれることはこんなことしかありませんが、落ち着きましたら当塾まで連絡頂ければ幸いです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« だから塾を続けている | トップページ | 仕事に復帰 »

コメント

コメント欄では、はじめまして。昨年の7月頃にお邪魔した岐阜の青影です。
今日まで東北に観光旅行してきました。中尊寺も行ってきました。大験セミナーにも寄ろうかと思いましたが、午前の早い時間だったので近くの通過だけにしました。
東北の観光地はとても盛り上がっていました。自粛するよりも、その盛り上がりに答えてあげることが大切だと思いました。
また東北を訪れて、その盛り上がりに応えたいと思います。そのときは、また風聞園に行きたいですね。

(かねごん)
青景先生久しぶりですね。
岐阜の情熱軍団から先ほど電話があり、岩手行きの密会がなされているようです。
三陸の被災地をご覧になったと思いますが、この惨状から復活してこそ東北魂だと思っています。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GWの一関市:

« だから塾を続けている | トップページ | 仕事に復帰 »