最近のトラックバック

« 痛風に朗報 | トップページ | アーチストの方々が、被災地にやって来るその気持はありがたいのだが・・・ »

2011年5月30日 (月)

文科省を許してはいけません!

先週の土曜日は一関市内小学校の運動会だった。雨の中ほとんどの学校が運動会を開催したが、本降りになる前に終了したのはせめてもの救いだった。

文科省は先週、放射能数値20ミリシーベルトの安全基準をようやく1ミリシーベルトにすることを決め、それを目標値とすることを宣言したが、いまだ危険地域の子供たちの疎開や移動計画は立案されないままだ。

20ミリシーベルトは、1000人に一人が死亡する値だ。文科省は先月各学校に文書で、現在の放射能は安全基準の値であり、命に別状がないことを子どもたちに伝える趣旨の報告を教員に指示した。

福島の第1原発より30キロ以上離れている福島の皆さん、宮城県南の皆さん、地域によっては山形や岩手の皆さん、雨の日の放射能数値を測ってみてください。危険な数値です。国や地方公共団体が発表している数値は、晴れた日の、それもビルの屋上などに設置した放射能測定値の値であって、子どもたちが遊ぶ校庭の砂場や、公園の砂場の値ではありません。テレビやマスコミはメルトダウンした福島原発が、もうすでに最悪の事態を過ぎたような雰囲気の報道をしていますが、放射能は間違いなく毎日出続けています。

我々のようなお年寄りは、被爆しても、それが癌細胞を誘発し、死に至る頃には、その前に寿命が訪れ天国に行っているわけですが、ちいさな子供たちは僕らの数十倍も被爆に弱く、放射能の影響をもろにうけます。

チェルノブイリの被爆した村のように、お年寄りだけが生き残り、子どもたちが成人できず天国に行ってしまう悲劇だけはどんな事をしても避けなければならないのです。

校庭の表土を削って、まるで安全対策をやったような文科省を許してはいけません!

大験セミナー英語プロ養成講座のご案内ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 痛風に朗報 | トップページ | アーチストの方々が、被災地にやって来るその気持はありがたいのだが・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文科省を許してはいけません!:

« 痛風に朗報 | トップページ | アーチストの方々が、被災地にやって来るその気持はありがたいのだが・・・ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ