最近のトラックバック

« これからが勝負だ | トップページ | 思いを、言葉や行動に移さなければならない »

2011年4月16日 (土)

果てしなく続く広大な海を慕うことを教えよ

先日僕が尊敬しいるブロガーのとよ爺先生が、サン・テクジュペリの次の言葉を紹介されていた。

If  you  want  to build  a ship,  don't drum up  the people to collect  wood  and don't assign them tasks and work,  but rather teach them to long for the endless immensity of the the sea.

船を造りたかったら、人に木を集めてくるように促したり、作業や任務を割り振ることをせず、果てしなく続く広大な海を慕うことを教えよ。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

実にいい言葉だ。魂の奥底を揺さぶられる言葉だ。子どもたちに学ぶことの大切さを教える根本を、このサン・テクジュベリの言葉は含有している。

人生の素晴らしさや人間の偉大なる可能性を信じることで、僕らは希望という大きなエネルギーを得ることができる。そしてそれが日々の命を輝かせるのだ。

努力をするという行為は、実はカッコイイ営みだ。そのカッコイイ営みを、受験や目先の結果にだけ要求されるから、子供たちは壁にぶつかる。

人生は楽しい。人生は喜びだ。人生は輝きだ。たった一回きりの今生の命をいとおしく思うなら、努力も楽しい。そうじゃないかな。

*震災にあい、一関に仮住まいをされる方々で、小学生や中学生のお子様がいっらしゃるご家族の皆様にお願いがございます。大験セミナーでは、被災された子どもたちのために、無料の日曜教室を隔週で行います。僕の塾がやれることはこんなことしかありませんが、落ち着きましたら当塾まで連絡頂ければ幸いです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« これからが勝負だ | トップページ | 思いを、言葉や行動に移さなければならない »

コメント

こんにちは、拙ブログの記事を取り上げていただいて、
有り難うございます。
震災から1ヶ月余り、そちらは落ち着きましたでしょ
うか?
かねごん先生のブログも記事更新数が多く、一生懸命
何かを伝えようとしている気持ちがよくわかります。
私もそれをできるだけ読み取って、伝えたいと思うの
ですが、なかなかうまく書けません。

原発や復興のことを考えると、思いこんでしまうこと
があるのですが、日本人なら、何とかするのではない
かと感じています。
その先頭に立つのが東北人、これからのこの国を引っ
張っていくのは東北人だと思います。

(かねごん)
とよ爺先生おはようございます。
実は岩手や宮城の内陸部は、沿岸部の大打撃の影に隠れてあまり報道されていませんが、経済的被災者が増えています。
そういった方々への援助はいっさいありません。僕は納税の組合の仕事をしておりますが、固定資産税や住民税をどっやて払っていこうかと悩んでいる人達がいっぱいいます。
家も家族も大丈夫だったけれど、お金が入ってこなくなった方々の支援も考えなければなりません。
今後、ブログという些細な媒体ですが、地元の方々からも支援をいただきながら、地元民の声を伝えていきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果てしなく続く広大な海を慕うことを教えよ:

« これからが勝負だ | トップページ | 思いを、言葉や行動に移さなければならない »