最近のトラックバック

« 塾生へお知らせ | トップページ | 大天使ラファエル »

2011年2月20日 (日)

様々な光景

検査待ちをしながら病院内を眺めていると、実に様々な光景や風景に出逢うものだ。

待合室の廊下で何気に前の壁を仰ぎみたら、診療料金表が貼られていた。血液検査料〇〇円、MR検査料〇〇円などという表をずっと追っていくと、最後に死体処理料という文字にぶつかった。

病院という場所は毎日のように死と接する場所だ。亡くなられた方を客観的表現をすれば確かに死体なわけだが、患者さんが目にする場所に貼られている訳なので、せめてご遺体施術料とでも書けばいいのにななどと、体調の思わしくない僕は、本を読む気力もなくぼっとそんな壁を眺めていた。

初日の検査を終え待合室で会計を待っていた僕は、またすごい光景に出会った。年の頃は60歳ぐらいだろうか、角刈りの男性が病院の玄関から入ってきて、待合室の僕のそばに座った。

見るからにあっちの方面の方だ。左腕には300万円は下らないだろうカルチェの時計。指にはこれでもかと言うくらいの金ピカの指輪が燦々と輝いていた。スーツはラメ入りの度派手なスーツ。どう見ても病院に来るような格好ではない。失礼だが思わず笑ってしまった。きっと病院の名物患者なのだろう。受付をすることもなく診察室に颯爽と入って行った。

それにしても病院はお年寄りしかいない。若者がいっぱい来られても勿論困るのだけれども、僕より若いと思われる患者さんは、ほぼ一日いて、4,5人ぐらいだったろうか。大体にして僕の町にはお年寄りの人口が圧倒的に多い。自然とこういうことになるのだろう。

日頃若者と接している僕には、病院の風景はとても異質なものだった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 塾生へお知らせ | トップページ | 大天使ラファエル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 様々な光景:

« 塾生へお知らせ | トップページ | 大天使ラファエル »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ