最近のトラックバック

« エール | トップページ | 未来はすべて希望だ »

2011年2月 6日 (日)

相撲は国技じゃない

相撲力士の野球賭博に端を発した相撲界の闇は、八百長試合という最悪の状況を露呈し、瀕死の状態に陥った。

個人的には、筋書きが出来ているプロレスの試合も、相撲も僕は眼中になく興味もないスポーツなのだが、これほど世の中が騒ぎ出すと、オイオイと言う感じである。

昔から星のやりとりは当たり前の世界だった。僕は相撲ファンというのは当然そのことを知った上で、相撲を楽しんでいたのかと思ったら、純粋なスポーツとして見ていたことに正直驚いている。

日本の国技とか、神聖な土俵などという美辞麗句に彩られている相撲だが、面白い取り組みに対して出される懸賞金の数を見ても分かるように、どう見ても興業スポーツである。命がけの格闘技という発言を聞くたびに、違和感を覚えてきた。

相撲をやっている子どもたちがどれだけ全国にいるだろうか。国技と言うならば明らかに野球やサッカーが、国技に近いのではないだろうか。

相撲が文科省の管轄で、公益法人として税金が優遇されてきたのもおかしい。どう見てもお金儲けのプロスポーツ。教育となんら関係がないように思うのだがいかがだろうか。

宗教法人の優遇税制と同じように、政治家やおいしい蜜を吸っている取り巻き連中の、不穏な空気感が漂っていて、僕は好きじゃない。

身体を鍛えた大男たちが、パーホーマンスをやっていると思えば、腹ただしくもないと思うのだが、そこに日本の精神性とか神事的な要素を持ち出すからややこしくなるのである。

外国人力士をドンドン入門させた段階で、日本の精神性云々はもう言うことではないはずだ。

八百長は良くない。野球賭博も良くない。そして相撲は特別視するスポーツではないような気がする。相撲の取り組みにおのれの人生を重ね合わせ、感動してみている人もいるのだろうが、あれだけ退廃した世界に僕は感動を感じることは出来ない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« エール | トップページ | 未来はすべて希望だ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相撲は国技じゃない:

« エール | トップページ | 未来はすべて希望だ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ