最近のトラックバック

« みなさんからのパワーを糧に | トップページ | 精密検査を受けてきました »

2011年2月16日 (水)

涙のブルース

雪解けが始まった田んぼの土手に、ようやく黒土が顔を出した。1月の半ばから降り続いた雪は、寒い北風の中で、厳冬の美しさを見せつけてはくれたが、老体には随分とこたえた今年の冬だった。

既に白鳥たちは北帰行の羽ばたきの練習に余念が無い。鼻もうずうずしてきた。南風に乗って花粉が舞い始めたのだろう。

雪がなくなった市内の道路は、教習場の自動車が多く見られるようになった。就職が決まった高校生たちが、教習所通いを始める季節でもある。春の気配がそこはかとなくする。

生きている感動と生かされてきたことへの感謝。そしていつも春は人生のドラマを演出する。美しい季節ではあるが、別れの季節である。

長年指導してきた塾生たちとのやんちゃな笑顔との別れは、もうすぐだ。僕は30年近く毎年涙の別れを繰り返してきた。

最後の授業の後、家路に辿りつくまでの僕の車中は、いつも涙のブルースだ。

手塩にかけて育てた娘が嫁いでいく、そんな気持ちだ。前回の記事にも書いたが、そんな日に吉田拓郎流星 」を聞いた日には、もう涙腺が決壊してしまう。

自分の息子たちには悪いが、塾生と過ごした時間の方が、実の息子達と過ごした中学校時代より圧倒的に濃厚で親密だ。そんな親ではいけないのだろうけれど、しょうがない。

県立高校の入試まであと21日。何度僕は流星を見るだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« みなさんからのパワーを糧に | トップページ | 精密検査を受けてきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙のブルース:

« みなさんからのパワーを糧に | トップページ | 精密検査を受けてきました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ