最近のトラックバック

« サンタさんを信じています | トップページ | メリー・クリスマス »

2010年12月24日 (金)

かねごん流お参りの極意を!

後1週間で正月がやって来る。国民の一大イベントである初詣が行われるわけだが、10円や100円玉を握りしめ神社にお参りするのもそれはそれでいいのだけれど、神主さんが正月特別祈願を受け付けている神社ならば、僕は正式参拝を勧める。

神社によって費用はまちまちだろうけれど、3000円から5000円ほどで拝殿に座し、神主さんのお祓いを受けられるはずである。

不景気ということもあり、神社仏閣にお参りする国民の数は近年増加しているようだが、お賽銭箱を覗くと1円、10円が目立つ。「神様は金額に関係なく願いを聞いてくれるはず」という発想は間違いではないだろうが、その神様を祭る社を守り、日々掃除や氏子の皆さんの幸福と安泰を祈願し続ける神主さんや巫女さんが、かすみを食べて生きているわけではない。

お寺であれば葬式という収益があるわけだが、神社は収入の殆どを祈願料の玉串に頼っている。七五三や厄払いの祈願も大切だけれども、毎年家族で詣で、拝殿に座し前年の感謝と、1年の無事を願う習慣もいいのではないだろうか。

神社庁からコマーシャル料をもらっているわけではないが(・・笑い)、毎年神社の神様からある種の奇跡や、人智を超える偶然の恩恵をプレゼントしてもらっている僕としてみれば、ぜひ皆さんにも神社のパワーを頂いてもらいたいと願っている。

このブログで何度も神社の話を書くものだから、「かねごん先生、参拝するにはどんな神社がいいのですか」などという質問を頂くことがある。

近くに清々しい神社があれば、それに越したことはないだろうが、神主さんが居て、掃除が行き届いていて、手洗水がきれいな神社ならば、間違いなく神様がいらっしゃると思うので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

最後にかねごん流お参りの極意を!

はっきり言って格式の高い神様には、自分のかってな欲望を申し上げても叶いません。神社の繁栄と、神様に縁を持たせて頂いたことに対する感謝を述べましょう。そして無心になり、その社に集う人々の幸福を心より願って下さい。そうすればあなたが願いを申し上げなくとも、あなたの心に神様が降りてきます。

・・・・なんてことを言うもんだから、いつも僕はかねごん教の教祖などと塾生からからかわれるのだけれど、まずはお試しあれ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« サンタさんを信じています | トップページ | メリー・クリスマス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かねごん流お参りの極意を!:

« サンタさんを信じています | トップページ | メリー・クリスマス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ