最近のトラックバック

« 一年を振り返る | トップページ | 不登校対策の究極的手段 »

2010年12月22日 (水)

専門なんか無くなってしまった

今月に入って、一関一高に入った卒塾生が二人塾にカンバックしてきた。

最近塾では、僕に英語の教えを乞う高校生がめっきり減っていたので、嬉しい限りである。英語と言えば、火曜日から金曜日の午前中僕は一関修紅高校で英語の授業を担当している。

僕の本来の専門は、大学受験の英語指導と論文指導なのだが、塾に於いては圧倒的に中学生の数理の指導時間が多い。中学生が、学校の授業で一番わからないと嘆くのが理科、次いで数学である。

理科嫌いが増えているのは、化学反応や電気系の分野が分からない中学生が多いことに一因している。多くの女子中学生が、市販されている電池が何ボルトなのかを知らない。車を運転する大人もそうだ。バッテリーが上がったときの対処をほとんどの女性ドライバーは知らない。

昔は英語嫌いが多かったが、現在巷には幼児や児童を対象にする英語教室が増え、英語好きが増えているようだ。おのずと僕の塾のような、科目を自由に選択出来る塾では、理科や数学、そして社会科のニーズが増えている。

世の塾の先生方の中には、「わしの専門はこれこれなので、他の教科はやらん」という先生がいらっしゃるが、僕などはポリシーのかけらもブライドもない塾教師なので、教えてちょうだいと言われるままに教え続けて28年、気づいてみたらなんでも屋になってしまっていた。

最近は僕が曲を作っているのを知って、音楽を教えてくださいと言う塾生がいるのだが、何度かこのブログでも書いてきたように、僕は譜面を読めないし、書くことも出来ない。歌詞カードにコード譜を書き込むと、曲が出来上がるという特技があるだけである。あしからず・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 一年を振り返る | トップページ | 不登校対策の究極的手段 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門なんか無くなってしまった:

« 一年を振り返る | トップページ | 不登校対策の究極的手段 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ