最近のトラックバック

« 基本は大切ですね by唐人町寺子屋 | トップページ | ドンマイです »

2010年12月 5日 (日)

興亡の河

僕の友人で、奥州市水沢区で個別指導学び舎を営む小林先生が、昨年陸奥話記の小林版現代語訳を世に出した。ちょうどその頃、一関の喫茶店青空の東海林さんより、僕の第二弾のライブをとの話を頂いた。

小林先生の著作に影響を受け、僕は陸奥話記の前九年の役を題材にした曲をそのライブの目玉にしようと考えていた。ところがライブの話を頂いた3週間後東海林さんが病に倒れ、今年帰らぬ人となってしまった。

僕は途方にくれ、しばらくギターを手にする気力も失せていたが、夏が終わる頃、『興亡の河』というタイトルで曲がどうにか完成した。ブログでも書いたのだが、この曲を作っている時に、今までに経験したことがない不思議な体験をした。

塾生が帰った後に、教室で曲を書いていると急にラップ音がしたり、窓も開いていないのに風がそよいだりした。自宅で行ったミニライブの時は、興亡の河を歌おうとした瞬間にカポタストが飛んだ。

そして2週間前、平泉吉野屋さんで行われたイーハトーヴ音楽祭で、僕はこの曲を用意して行ったのだがまた奇跡が起きた。

音楽祭の様子は、平泉観光協会の公式サイトで紹介されたが、なんと僕の出番のまえにあろうことか「前九年の役」の紙芝居が紹介されたのである。僕は誰にもこの日、前九年の役を題材にした新曲を歌うことなどしゃべっていなかったし、偶然にしては出来すぎである。鳥肌が立った。

ちなみにハゲオヤジがアディダスのスポーツウエアを着て、ギターを弾いているのが僕なのだが、残念ながら写真は迷曲(?)かぶとむしを歌っている場面でした。

それにしても、今回の僕の曲には何かが居る!

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 基本は大切ですね by唐人町寺子屋 | トップページ | ドンマイです »

コメント

こんばんは、学び舎です。

なかなか鬼気迫る話ですが、ありそうな感じがします。私も現代語訳の作業をしているときには、ふしぎな気配を身の回りに感じておりました。

それにしても「前九年の役」の紙芝居というのはすごい。できれば「前九年合戦」というタイトルのほうがよかったと思うのですが。


(かねごん)
小林先生コメントを頂き有難うございます。
訂正です。紙芝居のタイトルは前九年合戦だったですね。

年を取ってあっちの世界が近づいて来たせいか(笑い)、どうも非日常的な出来事が多くなってきました。
シンクロどころか、あやしい気配を感じることも頻繁ですね。
ひょっとして過労でぼ~としているのでしょうか(苦笑い)。
師走を迎え多忙な時期に突入しましたが、小林先生もご自愛下さいませ。

はじめまして
青空さんでのライブを聞きました。
かねごんさんの熱い気持ちが
伝わってきましたよ。
あの場所を通るたびに、
私の足をマッサージして下さった東海林さんの
手の温もりを思い出します。

(かねごん)
藤水様、コメントを頂き有難うございます。
僕もそうですね。店の前を通るたびに、東海林さんの入れてくれたタンポポコーヒーの味を思い出します。
知的で繊細な芸術家だったですね。店じまいの時に家内が買ってきた東海林さんの焼いた器が形見となってしまいました。
もうあの場所で歌うこともないですね。寂しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 興亡の河:

« 基本は大切ですね by唐人町寺子屋 | トップページ | ドンマイです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ