最近のトラックバック

« 頼られるうちが花かもしれない | トップページ | もし自分が自分の上司だったら »

2010年12月 4日 (土)

僕が30年塾教師をやめなかった理由

塾教師になった理由を話そうとしても、感動的な秘話も無ければ高尚な目的があったわけでもない。

僕の時代も就職難で、受けようとした音楽関係の企業が、すべて会社訪問の時点でお払い箱にされ、最後にたどり着いたのが都内の進学教室の塾教師だった。言ってしまえば、僕のような人間をとってくれる会社があればどこでも良かったのである。

しかし、30年近く塾教師を辞めなかった理由となると僕なりにある。塾教師を1年間やって、強烈な衝撃を受けた。塾の先生の授業は圧倒的に分かりやすく、そして飽きないのである。

僕もこんな先生に教えてもらっていたら、もっと違う人生を歩めたんじゃないかと、正直地団駄を踏むような感情に襲われた。教わってきた小、中、高の先生方にはまったくもって失礼な話なのだが、圧倒的な質の違いを見せつけられたかねごんであった。

子供たちを説得するスキル、話術、そして教科指導の緻密な準備。生徒に教科書を読ませ要点を黒板に記するだけの授業など進学塾には存在しなかった。

手を抜くような指導をすれば、いつでも生徒は離れていく。そんな過酷な仕事だけれど、実は僕はそのドキドキ感がたまらない。

生徒の集客人数が仕事のバロメータではないけれど、ごまかしの効かない状況に自分を常に置き続ける緊張感が、この仕事を30年間近くも続けてこれた一番の理由であるような気がする。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 頼られるうちが花かもしれない | トップページ | もし自分が自分の上司だったら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕が30年塾教師をやめなかった理由:

« 頼られるうちが花かもしれない | トップページ | もし自分が自分の上司だったら »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ