最近のトラックバック

« 今年最後の学校批判 | トップページ | 一年を振り返る »

2010年12月21日 (火)

三者面談

今日は息子の三者面談だった。女房が行ってきた。

かなりダメージを受けて帰ってきたようだ、「何一つ褒められなかったわ」と女房。さらには「なんか私が怒られているみたいで暗くなっちゃった」とのたもうていた。

僕は長男も次男も同じように育ててきたつもりだ。どちらも手の抜くところは抜いたし、ごまかすところは同じようにごまかしてきた(・・苦笑い)。

そう言えば、長男の名前も次男の名前も画数が同じで、幸せな人生を送れる人間になるようにと、親ばかながら名付けた名前である。

たまたま長男は優秀ではないが、テストの結果だけはよかった。次男は決して劣っている訳ではないが、たまたまテストの結果が悪かった。それだけのことである。

学校の先生というものは実に正直な面白い反応を示す。実は長男も次男も僕と同じように朝が弱い。僕が夜の仕事なので、必然的に帰宅するのも遅い。家のあるじである父親が夜遅く帰って来るのに、家族が寝ていちゃ悪いと思うのか、家族みんなが夜更かし状態である。

長男の時も次男の時も、スクールバスの時間に間に合わず学校まで僕が送って行くのだが、長男の時は、「夜遅くまで勉強して、朝は起きれないか」と言われたのが、今日の次男は「毎晩遅くまでゲームや本ばかり読んでいて、朝起きれないんでしょ」と言われてきたらしい。

成績の違いで、こんなにも日常の行動の解釈が異なるのは実に面白い。そして志望校が違うとさらにその違いに拍車がかかる。

僕と女房の子どもである。決して優秀ではないが、素直に育ってくれたと思っている。親の僕が言うのも何だが、とても優しい。そんなことを言って、今夜は落ち込んでいる女房を慰めたかねごんおやじである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 今年最後の学校批判 | トップページ | 一年を振り返る »

コメント

いつも お世話になってます。Aの母です初めてのコメントと言う事でそれも携帯からなので本当 緊張しています。言いたいことが伝わるか心配ですが 思いきって書きます。 三者面談 本当に落ち込みます。 娘の中学校の担任の先生は封筒の中の成績表を開ことはなく 冬休みの生活の過ごし方を中心に話し 娘に二学期の反省と冬休みの目標を言わせて 時間が終わりに。

家に帰って 通知表を開くと1が二つあり びっくりどうして 不登校になる寸前を何とか頑張った本人も母も?… 今の先生方は、平気で通知表に1を付ける 親の私も勉強は、駄目でしたが 1は なかったです。 毎日 プリント プリント それも 答え付き 授業で答え合わせ 有るのかな? このままでは、前が見えなくて 落ち込みます。娘に「頑張って」と言う ついつい怒鳴ってしまう。そんな自分にまた、嫌になります。 かねごん先生 また、相談にのってください

(かねごん)
佐藤様コメントを頂き有難うございます。
お母様の気持ち痛いほど分かります。私は何度もこのブログで書いてきましたし、塾生にも言ってきましたが、人間の能力はそれぞれが違います。
しかしそのことを心から個性とみるか、出来ない子とみるかで、子どものやる気は違って来ると思います。
最初から子どもを色眼鏡で見ることはとても簡単なことです
が、それを日常化してしまっている学校教育はやはり優しくないでしょうね。
もう少し子どもに優しく接する教師がいて欲しいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三者面談:

« 今年最後の学校批判 | トップページ | 一年を振り返る »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ