最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

良いお年を!

茶の間の神棚を飾り、大年神様を迎える準備も整い、コーヒーを飲みながらPCに向かっている。外は雪が止まず、屋根には40センチほどの雪が積もった。家がみしみし言っている。晴れたなら雪下ろしをしなければならない。

さすがにハゲの歌で今年を締めくくるのもどうかと思い(・・笑い)、こうやって今年最後のブログ記事を打ち込んでいるわけだが、この記事ももうすぐで1500稿目を迎える。一昨年は大厄の年で、今年は後厄の年だった。仕事も体調も今までの節制と努力が実って、どうにかこうにか、いわば利息で保ってきた2年間だった。

今年の占いで、愛する人との離別があると出ていたが、家族同然に暮らしてきた愛犬ボブとの別れがあった。ボブの墓標はこの雪で真っ白に埋まっている。来年の春にはそばの梅の木に花が咲き、僕の心を癒してくれるだろうと思う。

12月の駒形参りの時のおみくじは、だんだん運が開けてくる季節との神託だった。来年はうさぎのごとく跳ね回ろうと思う。うさぎと言えば、来年は女房が年女である。彼女は近年絶好調のようなので、その追い風に便乗しようかと考えている。

冬期特訓は年明けの1月4日から再開する。正月は駒形神社への正式参拝をし、後はのんびり箱根駅伝をテレビで観戦しようと思っている。相模湾を見渡す平塚中継所は、今年おじゃましたとよ爺先生のお膝元だ。湘南の海が懐かしい。

今年1年多くの方々に励まされ支えられた1年であった。この場を借りて御礼を申し上げたい。どうぞ来年もこのかねごんにお付き合い頂ければ幸いです。良いお年を!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

ハゲの歌

今年も後数時間で終わる。1年4ヶ月ぶりの寺子屋金さんの登場である。今日の金さんのブログは笑い納めということで、ワハハと笑って頂きたい。

寺子屋金さんのこどもたちはもちろん知っているが、金さんはハゲである。ハゲ歴20年、その人生の軌跡はハゲの歴史といってもいい。友人や知人に、どれだけの育毛剤を紹介してもらっただろうか。感謝である!

しかし残念ながら、金さんの髪の毛は復活しなかった。残念!

髪が少ないので、代わりにヒゲを生やしている。自分で言うのもなんだが、髪の毛と反比例して、なかなかいい毛並みのヒゲである。毎月床屋に行く金さんに女房がチクリ。「いったいどこを切ってくるの?」スルドイ質問だ。

髪の散髪に10分、後はヒゲの手入れにほとんどの時間が費やされる。

寺子屋金さんの子どもたちが、きっと義理だろうけれど褒めてくれる。「金さん髪が薄いほうがかっこいいよ」しかし冷静に考えれば、彼女たちは金さんの髪があった頃を知らない。ドンマイである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月30日 (木)

天神様

受験生が合格祈願に一番お参りする神社は天神様であろうと思う。どこの町にも必ず二つ三つは菅原道真を祭る天神様がある。

近代に入り菅原道真が学問の神様として脚光を浴びたのには、私塾の前進である江戸の寺子屋の崇拝に端を発する。

『書の三聖』という言葉をご存知だろうか。空海、小野道風、菅原道真は書の優れた人物として崇拝されてきたのであるが、特に江戸の寺子屋に於いては、書道の手習いとして菅原道真が祭られることが多く、一気に学問の神様としての信仰の輪が広がったと言われている。

実はこの菅原道真、歴史上では894年の遣唐使廃止の人物として登場するが、901年時の権力者藤原時平によって、失脚させられ太宰府に幽閉されてしまうのである。出る釘は打たれるのごとく、菅原道真の才能と出世をよしとしない輩が暗躍した結果である。

菅原道真は失意の中、2年後の903年に没するのであるが、その直後京都で天災が相次ぎ多くの人命が奪われる。菅原道真の左遷に加担した藤原菅根、そして中心人物の藤原時平が相次いで病死する。

菅原道真の後釜に座った源光が変死し、醍醐天皇の皇太子保明親王が急死するに至っては、菅原道真の怨霊神話が京都の町を震撼させるようになった。その怨霊のパワーを鎮静しようと建立されたのが、949年創建された北の天満宮である。

080510_085949

やがて菅原道真の学識高い教養と学者としての功績が認められ、学問の神様として崇拝されるようになるのだが、実は一関市は菅原道真と浅からぬ縁がある。

菅原道真公の夫人・吉祥女(きっしょうめ、菅公夫人)のお墓が一関市東山にある。左遷された夫と別れ、岩手の地に下ってきた吉祥女の気持ちを考えると心が切ない。

080510_085831

岩手の山間の静かな墓所で、菅原道真公の奥方の、その42年の人生の旅路を想うかねごんであった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月29日 (水)

大手塾予備校の買収・提携

48d95dc9.jpg 

 この表は、敬愛するとよ爺先生のブログ記事から拝借した。大手塾予備校の買収、提携の実態を示している。塾予備校の冬の時代は、とうとう氷河期に突入したと言われているが、凄まじい提携のラッシュである。

生き残りをかけた塾業界の再編が進む中、我々個人塾もそれぞれの選択肢を要求されてきている。上記の大手系列の傘下にはいるもの。真っ向勝負を挑むもの。それぞれである。

東北の街でも、どこに行っても同じ塾の看板を見かける。大手塾のフランチャイズに加入し塾を始める方々が殆どで、全くの個人塾でスタートする塾人が減っている。

経営方針や指導マニュアルが確立している大手塾は、宣伝戦略も教材の準備も、開校の準備もお金さえ出せば、本部が全てやってくれる。しかし自分の情熱と創意工夫で始める塾というのも魅力的なはずだ。

名前はどうしようか、指導形態はどうしようか、教室の場所は、大きさは、指導料金は、お金の借入は・・・等々。気の遠くなるような問題が山積みされ、それをクリアーする努力と快感は、人生の醍醐味そのもであり、自分の夢が形になって行く過程は、何ものにも代えられない。

僕もその醍醐味を20年前に経験した。しかしどの仕事もそうであるが、順風満帆の時代が続くわけではない。サラリーマン教師の時は、会社の不満を言いながら、酒を飲み交わしていればよかったが、一国一城の主になったからには全てが自分の舵取りにかかってくる。

その緊張感とストレスが嫌っだたら脱サラなどすべきではない。それが僕の偽らない自営業をやってきた感想だ。

巨大化した大手は、個人塾と違い厳しいからやめますとはいかない。多くの従業員、そしてその家族がいる。それにしてもこれだけ日本の塾・予備校が、持ちつ持たれつの関係になってしまったら、一つがこけたら大変な事になってしまうだろうと思う。

年の瀬にそんなことを心配しているかねごんであるが、一番心配しなければならないのは実は僕の方であるわけで、全くもってドンマイである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月28日 (火)

今年最高の傑作作品

080511_153003

風と虹の小学生達が、1階から2階の個別指導室に出張してきた。日頃造形をやったり絵を描いたり、外で自然観察などをやっている子供たちだが、先週はあきこ先生の命令で、勉強会。

『ぼくやりたくないもんね~』の雰囲気の中、最年少のけんちゃんが、「ぼくさんすうやる!」の一声で、参ったな~のオーラービームが発射された瞬感をキャッチ!(・・笑い)

今年最高の傑作作品です。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月27日 (月)

自分を褒める

もうすぐ終わる2010年の僕のスケジュール手帳を眺めて見た。1年間で朝9時から夜9時過ぎまで働いた日が176日だった。そして今日が177日目である。

およそ1年の半分が、12時間労働を超えている。そのほとんどが教務の仕事だ。たまには自分を褒めるのもいいかなと思い、『自分を褒める』というタイトルにしたのだが、1年の年収を時給で計算すると、僕の時給は400円にも届いていない。それでも今日は自分を褒めたい(爆笑)。

これだけの仕事をこなしているにもかかわらず、僕にはいろんな所からボランティアの依頼が来る。ここ数年毎週10稿のブログ記事を書き続け、近隣のどこかで、ギターを片手にライブをしている僕が優雅な暇人に見えるのかも知れない。

しかし僕はそのことを喜んでいる。悲壮感が漂っていたらとてもじゃないが身体は持たない。暇そうに見られると言うことは、まだまだ僕には余裕があるということだろうと思う。ラッキーである。

毎日の睡眠時間は5時間。今年全く仕事をしなかったのは、正月の3日間とGWの5日間だけだった。自分で言うのもなんだが、僕は仕事が好きである。

お金になる仕事よりは、やりがいのある仕事が好きである。きざな表現かも知れないが、僕の魂がそれを欲している。

今日から中3冬期特訓が始まった。滑り出しは絶好調である。明日も頑張るぞ!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

年末の定番曲

年賀状を書き終えた。今年度の税金類も収めた。自宅と塾の神棚に飾る正月飾りもそれぞれ塩竈神社、駒形神社より頂いてきた。年内はあと4日間の仕事で終わる。

毎朝の雪道は大変だけれど、真っ白くなった田んぼとぶどう畑の間を、ジャズを聞きながら走る軽トラックも爽快である。クリスマスが終わり、商店街には門松が登場した。

一関の駅前には、帰省客を出迎えるイルミネーションがまたたいている。正月を故郷で迎える人たちも、雪の多さに驚くことだろう。今年の夏の暑さには驚いたが、今度は寒い冬に驚いている。寒い冬にはこんな曲が良い。

冬の夕暮れ時にコルトレーンのSAY ITを聴くと、今年ももうすぐ終わりだなと思う。僕の年末の定番曲である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月26日 (日)

大雪の日曜日

51qd5zvsfel_sl500_aa240_1

昨日塾の2階から磐井川の土手を眺めると、一面の雪。このまま雪は降り続け、今朝は40センチの積雪を超える大雪となった。

今日は部活の三送会。保護者を含めての部内卓球大会をやった。今年の卓球納でもあった。

明日からは中3冬期特訓が始まる。合格を目指し8日間の勉強会がスタートだ。風邪の流行も塾内では沈静化した。さあ塾生たちよ寒風の中、ひるむこと無く明日はグッ卜モーニング!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月25日 (土)

百害あって一利なし

ここ10年間に於ける心療内科の利用者の数が、急増している。中高年の通院の増加もさることながら、思春期の子どもたちの増加が著しいという。

今日の子どもたちはエネルギーを外に向けず、内向的になった。『自分が悪いから、自分が努力しないからいけないんだ』そういった感情に支配される子どもたちが増えている。

勉強しないことを、まるで極悪人のようにけなす大人がいる。「こんな学校の宿題も出来ないようじゃ、社会なんかじゃ通用しねえだろう」 「なんでルールが守れないんだ。世の中にでたらもっと厳しい現実が待っているんだぞ」

日本の社会は、学校の勉強が出来なかったりすると、社会にでて役に立たないという強烈な暗示を子どもたちに与えていく。教師を含め、親もである。

これは絶対やめたほうがいい。勉強をすることの動機付けが完全に間違っている。いい学校を出て、いい会社に入らなくとも成功する道は星の数ほどあるし、学校の勉強が出来なくとも偉大な業績を残す人物はたくさんいる。

子供たちを脅迫して励ますやり方は、百害あって一利なしである。

学校の勉強が出来ないと、人生の敗北者になるような感覚を子どもたちに与える言葉の凶器は、使ってはいけない。

〇〇が出来ないと、〇〇が出来ないという負の連鎖の暗示は、子どもたちの持っている可能性に蓋をしてしまう。学校の勉強の成果だけで、人間を評価してはいけない。

子供たちを脅迫的に励ますやり方は、逆に、学校の勉強さえ出来れば社会に出て成功するという安易な思考を生み出すことになり、多くの挫折感と欝を引き起こしかねないと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

メリー・クリスマス

今日はちょっと衝撃的なことがあった。パソコンに向かっていると、大好きなマライア・キャリーの恋人たちのクリスマスがテレビから流れてきた。

振り返った僕の目が点になった。まったくもって太っちょの僕は言えた義理ではないが、別人のマライア・キャリーがそこに映っていた。僕のマライアは恰幅のいいおばさんになっていた。

これが時の流れというものなのかも知れない。歌うために生まれてきた人間の一人が、マライア・キャリーだと思っている。体型など関係ないと言えば関係ないのだが、でも若い頃のイメージがイメージだけにちょっとショックだった。

気をとりなおして、過去の彼女の動画を見た。

人は当たり前だが年を取る。僕も年を取った。うちの女房も年を取った(・・笑い)。僕みたいに髪が薄くなっていく中年おじさんもいるし、吉永小百合みたいに幾つになっても変わらない魔女みたいな人もいる。

そう言えば今夜はクリスマスイブ、今日の塾は夜の7時過ぎに中学生が全員帰った。高校生がやって来るまで1時間ほどあったので、久しぶりに一人ギターを片手に曲を書いていた。なんだか中年の悲哀のような歌が出来た。一番だけだけれど。

作り終えたと同時に高校1年生の塾生が入ってきた。彼女に、栄養ドリンクと缶コーヒーとつまみのクリスマスプレゼントをもらった。お返しに出来たばかりの曲を披露した。

彼女は軽音楽部。マライアのようにはいかないが、太っちょおじさんの新曲のブルースを褒めてくれた。クリスマスイブに一人ギターを片手に歌を歌う中年塾教師。外はしんしんと雪が降っていた。・・・・メリー・クリスマス。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月24日 (金)

かねごん流お参りの極意を!

後1週間で正月がやって来る。国民の一大イベントである初詣が行われるわけだが、10円や100円玉を握りしめ神社にお参りするのもそれはそれでいいのだけれど、神主さんが正月特別祈願を受け付けている神社ならば、僕は正式参拝を勧める。

神社によって費用はまちまちだろうけれど、3000円から5000円ほどで拝殿に座し、神主さんのお祓いを受けられるはずである。

不景気ということもあり、神社仏閣にお参りする国民の数は近年増加しているようだが、お賽銭箱を覗くと1円、10円が目立つ。「神様は金額に関係なく願いを聞いてくれるはず」という発想は間違いではないだろうが、その神様を祭る社を守り、日々掃除や氏子の皆さんの幸福と安泰を祈願し続ける神主さんや巫女さんが、かすみを食べて生きているわけではない。

お寺であれば葬式という収益があるわけだが、神社は収入の殆どを祈願料の玉串に頼っている。七五三や厄払いの祈願も大切だけれども、毎年家族で詣で、拝殿に座し前年の感謝と、1年の無事を願う習慣もいいのではないだろうか。

神社庁からコマーシャル料をもらっているわけではないが(・・笑い)、毎年神社の神様からある種の奇跡や、人智を超える偶然の恩恵をプレゼントしてもらっている僕としてみれば、ぜひ皆さんにも神社のパワーを頂いてもらいたいと願っている。

このブログで何度も神社の話を書くものだから、「かねごん先生、参拝するにはどんな神社がいいのですか」などという質問を頂くことがある。

近くに清々しい神社があれば、それに越したことはないだろうが、神主さんが居て、掃除が行き届いていて、手洗水がきれいな神社ならば、間違いなく神様がいらっしゃると思うので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

最後にかねごん流お参りの極意を!

はっきり言って格式の高い神様には、自分のかってな欲望を申し上げても叶いません。神社の繁栄と、神様に縁を持たせて頂いたことに対する感謝を述べましょう。そして無心になり、その社に集う人々の幸福を心より願って下さい。そうすればあなたが願いを申し上げなくとも、あなたの心に神様が降りてきます。

・・・・なんてことを言うもんだから、いつも僕はかねごん教の教祖などと塾生からからかわれるのだけれど、まずはお試しあれ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月23日 (木)

サンタさんを信じています

突然ですが、僕は50にもなるのにいまだにサンタさんを信じています。

この季節、サンタさんがやってきてなんかわくわくします。そう思いませんか。星は輝きを増し、宇宙が輝いています。

1年間を振り返りたくなるのも、来年という時代に希望を託すのも、サンタさんの魔法です。反省を促しそして希望を与えてくれます。

僕らは年を取れば、大人だと思っていますが、本当は永遠の子どもなんですね。はしゃいで騒ぎたいんですよ。だからこの季節忘年会をやるんです。これもサンタさんの誘導ですね。

クリスマスにはこんな素敵な曲を聴いて、こたつで暖まるのもいいですね。これもサンタさんの贈り物です。

11年間小学校に出かけて行ってサンタをやってきた僕が言うのだから間違いないです。サンタさんはいますよ。夜中にデパートから買ってきた贈り物をそっと枕元に置いていくお父さん。それをさせているのはサンタさんです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

不登校対策の究極的手段

イギリスの不登校対策の特徴は、親の責任を厳しく追及することです。子どもの不登校を容認し、子どもを学校に行かせるようにとの地方当局の度重なる勧告を無視する親に対して禁固刑を科すことも行われています。2002年5月、オックスフォード州のあるシングルマザーが、13歳と15歳の娘2人の不登校を放置したとして、60日間の禁固刑を言い渡されたのが最初のケースといわれています。それ以降、子どもの不登校のために刑を科される親は増え続け、2003~06年までの3年間で71人に達したと報じられています。もちろん、こうした強硬手段やその効果については賛否両論がイギリスでもあります。しかし、政府は、不登校は子どもの学習の機会を奪うものであるとして、強硬策を継続する方針を変えていません。別の見方をすれば、こうした手段をとらざるを得ないほどイギリスの不登校問題が深刻化しているといえるかもしれません。

慶應義塾大学 月刊 教室と医学 第58巻 2010年11月

不登校対策の究極的手段とでも言うべきものが、イギリスの政策である。不登校は完全に家庭の責任とする考え方は、日本ではなじまないものだろうが、このイギリスの強行手段はいろいろ考えさせられるものがある。

学校は行くべきもので、決して休んでもいけないし、休ませてもいけない。そうなってくると必然的に学校教育の権威というものが大きくなり、イギリス独特の学歴主義、伝統主義が良くも悪くも幅をきかせる社会となる。

イギリスにはオックスフォードやケンブリッジなど伝統ある名門校があるが、イントネーションやい言い回しでどこの大学生か判別出来るという本を読んだことがある。僕の英語能力では到底聞き分けるのが無理だろうが、日本ではあり得ない話だ。

学校からドロップアウトした人間は、社会に通用しない。ゆえに家庭がしっかり教育を施さなければならない。今の日本では、この親の義務感が希薄になっている。学校や他人に責任を転嫁することで、自分の保護者としての責任から逃れようとする。

なぜだろうか。僕は愛情と甘やかしを履き違えているお親御さんが多い気がしてしょうがない。ゲーム機、ケータイ、アイポット、子どもが欲しいと言えば買い与え。学校の先生が嫌いだから行きたくないと言われれば、そうなのかと頷いてしまう親。

僕も学校批判はよくするが、読んでもらえば分かるが、学校の体制やシステムを批判しているのであって、教諭の資質のあり方を批判しているわけでは決してない。優秀な先生方のやる気を損ねる日本の学校教育が問題なのである。

ところで、イギリスのような不登校対策を日本がもし提案したらどうなるだろうか。真剣に議論する場ができる事にはなるだろうが、実現はしないだろうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月22日 (水)

専門なんか無くなってしまった

今月に入って、一関一高に入った卒塾生が二人塾にカンバックしてきた。

最近塾では、僕に英語の教えを乞う高校生がめっきり減っていたので、嬉しい限りである。英語と言えば、火曜日から金曜日の午前中僕は一関修紅高校で英語の授業を担当している。

僕の本来の専門は、大学受験の英語指導と論文指導なのだが、塾に於いては圧倒的に中学生の数理の指導時間が多い。中学生が、学校の授業で一番わからないと嘆くのが理科、次いで数学である。

理科嫌いが増えているのは、化学反応や電気系の分野が分からない中学生が多いことに一因している。多くの女子中学生が、市販されている電池が何ボルトなのかを知らない。車を運転する大人もそうだ。バッテリーが上がったときの対処をほとんどの女性ドライバーは知らない。

昔は英語嫌いが多かったが、現在巷には幼児や児童を対象にする英語教室が増え、英語好きが増えているようだ。おのずと僕の塾のような、科目を自由に選択出来る塾では、理科や数学、そして社会科のニーズが増えている。

世の塾の先生方の中には、「わしの専門はこれこれなので、他の教科はやらん」という先生がいらっしゃるが、僕などはポリシーのかけらもブライドもない塾教師なので、教えてちょうだいと言われるままに教え続けて28年、気づいてみたらなんでも屋になってしまっていた。

最近は僕が曲を作っているのを知って、音楽を教えてくださいと言う塾生がいるのだが、何度かこのブログでも書いてきたように、僕は譜面を読めないし、書くことも出来ない。歌詞カードにコード譜を書き込むと、曲が出来上がるという特技があるだけである。あしからず・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月21日 (火)

一年を振り返る

今年も小学校での、かねごんサンタ飛び入りライブが終わった。

『お話ポケット』のお母さんがたの人形劇は、商業ベースに乗っかっても大ヒットするんじゃないかと思うほどの完成度で、サンタの格好をして控え室で見ていた僕は心から感動した。

それに比べると僕の歌は完全なオチャラケソングで、子供たちや先生方の笑いはとったものの、正直『こんなんでいいのかな~』という11年目のかねごんサンタであった。

中3冬期特訓を控え、今年ももうすぐ終わるが、今日はこの1年を振り返り総括してみたい。

塾の指導を振り返ると、いつもは広域に渡って塾生が集う僕の教室なのだが、今年は塾のある桜町学区の生徒が集中し、塾生の7割近くを桜中生が占めた。同じ学校の生徒が多いというのは、教える側としては進度が同じで楽なのだが、友達同士の塾生が多く、緊張感に欠ける1年間であったことは、歪めない事実である。

また3月4月の入塾数が過去最低を記録した今年であったが、1年をトータルすると例年をちょっと下回る在籍数であった。不況によって、生徒の出足が遅くなっている現実を目の当たりにした今年の入塾の流れであった。

プライベートでは、長男の就職や、卓球の指導をしている部活の県ベスト8進出などいろいろあったが、やはり岐阜の上野先生や美川先生等と共に、敬愛する神奈川の生とよ爺先生に会えたことが今年のビックニュースだろうと思う。

後日とよ爺先生や美川先生には、拙い僕の曲をユーチューブにて動画にして頂いた。感謝で一杯である。

僕の曲と言えば、今年の春NHKのみんなのうたのディレクターさんより、僕の曲『かぶとむし』に対しての問い合わせがあり、いよいよ僕もメジャーディビューかなどとちょっと喜んだのであるが、残念ながらその後進展はなく、僕のかぶとむしはとうとう冬を迎えてしまった。

来年のゴールデンウイークに向けて、岐阜の上野先生、美川先生等の情熱塾人軍団と、とよ爺先生が岩手に来る計画が着々と進行しているらしい。奥州藤原氏の夢の跡や、宮沢賢治が愛したイーハトーブ岩手を堪能して頂けたらと思っている。

今年1年も様々な喜びがあり、そして悲しい出来事もあった1年だった。生きることの大切さ。生きていることの感動。そして生かされていることへの感謝。その全てである。運命はその人が創るもの。だからいつまでも努力が大切なのだ。そんなことを強く実感した1年である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

三者面談

今日は息子の三者面談だった。女房が行ってきた。

かなりダメージを受けて帰ってきたようだ、「何一つ褒められなかったわ」と女房。さらには「なんか私が怒られているみたいで暗くなっちゃった」とのたもうていた。

僕は長男も次男も同じように育ててきたつもりだ。どちらも手の抜くところは抜いたし、ごまかすところは同じようにごまかしてきた(・・苦笑い)。

そう言えば、長男の名前も次男の名前も画数が同じで、幸せな人生を送れる人間になるようにと、親ばかながら名付けた名前である。

たまたま長男は優秀ではないが、テストの結果だけはよかった。次男は決して劣っている訳ではないが、たまたまテストの結果が悪かった。それだけのことである。

学校の先生というものは実に正直な面白い反応を示す。実は長男も次男も僕と同じように朝が弱い。僕が夜の仕事なので、必然的に帰宅するのも遅い。家のあるじである父親が夜遅く帰って来るのに、家族が寝ていちゃ悪いと思うのか、家族みんなが夜更かし状態である。

長男の時も次男の時も、スクールバスの時間に間に合わず学校まで僕が送って行くのだが、長男の時は、「夜遅くまで勉強して、朝は起きれないか」と言われたのが、今日の次男は「毎晩遅くまでゲームや本ばかり読んでいて、朝起きれないんでしょ」と言われてきたらしい。

成績の違いで、こんなにも日常の行動の解釈が異なるのは実に面白い。そして志望校が違うとさらにその違いに拍車がかかる。

僕と女房の子どもである。決して優秀ではないが、素直に育ってくれたと思っている。親の僕が言うのも何だが、とても優しい。そんなことを言って、今夜は落ち込んでいる女房を慰めたかねごんおやじである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月20日 (月)

今年最後の学校批判

世の中では歳末助け合い運動が始まっている。しかし助け合いに寄付するどころか、自分が助けて欲しくて悲鳴をあげている方が多くいるのが、今の日本の現状だ。

毎年3万人以上の人間が自殺をし、毎年10万人を超える人間が失踪している国、日本。自殺率は世界の国で5番目だが、1位から4位までは共産圏の国で、資本主義国家に於いてはダントツの1位である。

僕が住んでいる一関市の人口は12万人。つまり僕の町の人間の数が、毎年、自殺と失踪者のトータル数で消えている計算になる。

小、中学校の不登校の生徒数は増え続け、引きこもりの大人がどんどん増加している。この現状に国や政府や教育機関は、何かアクションを起こしただろうか。スローガンだけが虚しく響き渡り、無策のほったらかし状態が続いている。

家庭や社会は学校に多大な期待をしているようだが、そもそも学校の先生方は心理療法士ではないし、先生と呼ばれているが、教科指導の先生であって、専門のカウンセラーなどではない。なのに不登校や精神疾患に対する対応は、完全に先生方の力量に任されているのが現状だ。

例えば僕のような塾教師に、高度な心理学の技量を要する案件を相談されても、僕は精神論は言えても、その奥へは進めない。これは学校の教諭に対しても同じだろうと思う。しかし世の中には、何も専門が分からないのにもかかわらず、先生と呼ばれることに勘違いをし、知ったかぶりでアクションを起こし、改善どころかますます生徒を追い込み、鬱状態や自殺にまで追いやってしまうケースまで出てきている。

症状によっては、鬱病のように励ますことが禁句なものもある。相手の目を見て話しかけてはいけない心理状態の子どももいる。ある種の言葉がトラウマになって、その言葉を聞いただけで痙攣や癲癇を起こす子どももいる。

そんな問題を抱える子供たちを、学校の先生方はケアーすることが困難な状況にある。それなのに、専門のカウンセラーを常時置く公立の学校は皆無である。

地方に行くと、全校生徒が50人も満たない学校に、校長、副校長、学年主任、などなど12人の教諭、職員がいたりする。人件費の使い方がどこか間違っていないだろうか。

教員の数を増やすことも大切かも知れないが、教科指導のエリートだけを採用して、運営する学校教育には、もう僕は限界が来ている気がする。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月19日 (日)

6000枚を超える下書き原稿が・・・

同業者の方にたまに質問を頂く。一関 塾で検索すると、グーグルでもヤフーでも、かねごん先生の塾がクリックするとトップで出てくるのですが、いくらくらい広告費を払っているのですか?と。

答えは0円である。一番トップに固定で出てくる大手塾の広告は莫大なお金を払っているだろうけれど、僕の塾はブログの維持費に毎月240円払っているだけで、それ以外のお金は一切かかっていない。

高いお金を業者に払って、ホームページを作っても、地域検索に引っかからなければ、見てくれる人は少なく、効果はない。大手のブログプロバイダーは広告主の満足度を得るために、日々努力を重ね、ブログ記事の文章に検索が引っかかるように、必死だ。

ゆえに、記事数やアクセス数、そしてコメント数が多いブログ記事を所有しているHPが上位にくるようになる。僕の塾のこのブログも始めた当初は、全くもって検索ワードに引っかからなかった。僕のブログニックネームのかねごんなどは、全国で使っている人が山のようにいる。本名の金田に至ってもそうだ。まったくかすりもしなかった(・・笑い)。

3年を過ぎ、毎月のアクセス数もお陰で一万近くになり、岩手の小さなか田舎町の塾のHPとしては恐縮するほど多くの方々に読んで頂いている。僕の塾名やニックネームもウエーブでは、何とかメジャーになってきた。読んでいただいている皆様のお陰である。心より感謝申しあげたい。

確かに広告費はかかっていないが、3年間で原稿用紙にすれば6000枚を超える下書き原稿が、このブログに打ち込まれてきた。家族曰く、病気である(・・笑い)。

たまに、僕のブログ記事を読んで頂いた縁で、入塾して頂くことがあったりすると、毎日背中を丸め、三本指で打ち込んでいる僕の努力も報われる感じがして、嬉しいかねごんである。

このブログを通じてどれだけの方々と縁が結ばれただろうか。先月などは、僕のブログを読んで頂いた某大手塾の営業部長が、わざわざ東京から僕の塾においで頂き、ブログが縁で多くの貴重なお話を拝聴することが出来た。

たかがブログされどブログである。打ち込みの夜はまだまだ続きそうだ・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

川の流れのように

今日は父の命日である。21回忌である。生きていれば今年76歳だ。父の同級生がまだ元気に田んぼで働いている姿を見ると、父の短かった人生が悔やまれる。

僕は29歳で、嫁と生まれたばかりの息子を連れて実家にもどり20年が過ぎた。小さかった息子も成人になり、社会人になった。昨夜は会社の忘年会で温泉に泊まったようだが、一丁前に酒をたしなむようになった。

これから今年最後の卓球の指導に出かけてくる。仏壇に線香をあげこのブログを書いている。父が好きだった曲を今日はかけたい。

父の告別式の時には、僕が勤めていた塾の同僚の先生方が寒い中全員来てくれた。折しも忘年会が予定されていた日で、本当に恐縮だった。

1週間後に中3の冬期特訓がスター卜だ。昨日、白ゆりテストの結果が届いた。志望校に向けて厳しい生徒もいる。これからが塾教師の本領発揮だ。頑張るか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月17日 (金)

体育系の不条理

現在の生徒たちはどうか知らないが、僕らの頃は部活の2年先輩などというものは神様のような存在で、言われたことには全てYESだった。NOを言う余地はなかった。

急に10キロランと言われたならば、即体育館を飛び出し走ったものだし、「ちょっと腹へったな。カップラーメンにお湯を入れて買ってきて」と言われれば、どしゃぶりだろうが、吹雪いていようが、買ってきたものである。

先輩という存在が時に不条理な要求を突きつけてくることは、日常当たり前で、それを掌握すること自体が、ある種の学びだったようなところがあった。そしてそれは社会に出て間違いなく役立っている。

世の中は不条理の連続そのものだ。その抗しがたい荒波を乗り越えるには、自分を見失わないスタンスと信念、そして根性が必要である。

もちろんイジメをしたり、不条理を押し付ける人間がいいわけではない。しかし社会に出れば、そんな人間はウジャウジャいる。自分の利益のためならば、他人の感情や苦悩など全く意に介しない輩がいる。

それが会社内のことだったりすれば、あの上司が嫌いだからハイ辞めますとはいかない。しかしそこに不条理に対する経験というのか、免疫があれば、自分が取るべき言動や逃げ道は結構たやすく見つけられるものだ。

僕は超個性派ぞろいで有名な名門(迷悶?)私立高校、そして私立大学を出ている。お陰で不条理の洗礼は数知れなく受けた。そのことは、塾でちょっとやんちゃなな生徒を教えたり、高校で超感情豊かな生徒たちを指導する上で、とても役立っている。

いつもにこにこしている僕が(・・笑い)、反転してコワオモテになった時の恐怖は生徒たちが一番知っている。お陰で生徒たちは、ここは超えてはいけないと思われる一線を超えることはまずない。これも僕が体育系で培ってきた一種の技量であると勝手に思っている。

中学や高校時代に、体育系の上下関係を学ぶことは大切な気がする。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月16日 (木)

創造力を鍛える

子どもたちに勉強をさせる必要性が、いい学校に入れるためという理由だけならば、僕は塾教師をしてこなかっただろう。いや、先生と呼ばれる仕事に手を染めることはなかっただろうと思う。

人が勉強しなければならないのは、創造力を鍛えるためだ。もっと簡単に言うならば、思う力を鍛えるためである。

人間の運命は、良くも悪くもその人の想いによって構築されるものだと僕は思っている。従って自分を信じるというベースが出来ていないと、学びはなかなか創造に繋がらない。じゃ自分を信じるベースはどうやって生まれるかというと、家族や親の愛によってである。

愛に育まれて初めて、ポジティブな思考が生まれるのである。子どもが夢を語った時に、「そんな夢を見ていないで、現実を見なさい」などと言われてしまえば、夢の実現は難しい。

学歴やお金の有無に関係なく、強い願望は現実化していく。「そんな事はないだろう」と思う人は、努力もしないし、人生の目標すら持たない。

こうありたいと願うから、そうなるのである。僕は塾教師でありたいと願ってきたから、ずっと塾教師をやってこれたと思っている。歌を歌いたいと思ってきたから、歌う場をいつも提供して頂いてきたのだと思う。

ずっと子どもたちに言い続けてきたし、このブログでも何度も繰り返してきたが、間違いなく人は思った自分になる。だからこそ学びが必要なのである。学びは思考を拡散させ、その放射は多くの世界を構築する。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月15日 (水)

駒形の奇跡

朝から降り始めた雪は、岩手の大地を一面の銀世界に変えた。僕は今日、今年最後の駒形参りに行ってきた。塾生の合格祈願と、一年間無事に過ごせたことへの感謝にである。そして塾の神棚の正月飾りと御札を頂いてきた。

知る人ぞ知る奇跡の駒形神社である。今日も奇跡は起きた。駒形神社に行く途中、平泉から前沢まで、僕の前を走っていた車はスバルの軽自動車で、プレートナンバーには77がしっかり刻み込まれていた。

そしていつもの駒形神社手前の交差点で信号待ちをしていると、角を曲がってきた2台目の車のプレートが77の付いた番号だった。

いつも起こるこの奇跡をなんと言えばいいのだろうか。今日は駒形神社の参拝の後に、友人の小林先生の塾におじゃましたのだが、参拝後の交差点でも、対面車が77のプレートナンバーだった。

(年末の多忙なおり、小林先生には僕のために早く塾を開けて頂き恐縮でした。貴重な問題集まで頂戴し、本当に有難うございました。)

この奇跡の話を以前ブログで書いたときに、何人かの方から、「かねごん先生本当ですか、本当に100%の確率でそんなことが起こるんですか」と尋ねられた。全くの偽りない事実である。

おそらく今までに20年間で、駒形神社には100回以上は行っている。神社前の交差点で必ずプレート番号が77の車とすれ違うことに気づいたのは、10年ほど前からである。仮に10年間で50回駒形神社に行ったとして、僕の記憶では77の車とすれ違わなかったのは2回だけである。

77の車と駒形神社前の交差点ですれ違うパーセンテージは、50回中48回。つまり96%。確率で言えば、天文学的数字になるだろう。

僕が生まれて初めて登山をしたのは、駒形神社の奥宮が鎮座する夏油三山の駒形山だった。もちろん息子達の七五三も駒形神社である。正月の初詣もそうである。20年間、塾の受験生には、駒形神社の合格鉛筆を進呈してきた。

これは僕の勝手な思い込みなのだが、熱狂的な駒形ファンの僕に対して神様が、ちゃんとお前の願いは届いているよというサインが、77の奇跡の現れではないのかと思っている。

今後も駒形詣では続いて行く。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

月の満ち欠け

中学の時に工業系の高校を志望していた僕は、実は今でも理科が好きである。具体的に言えば電気系がめちゃ好きなのだが、そんな自称理科オタクの僕にも、苦手な分野がある。それは月の満ち欠けだ。

だいたいにして同じ面だけを地球に向けて回転していること自体不自然であるし、見かけの大きさが太陽とまるっきり同じに見えることも、偶然にしては出来すぎである。

ブログで何度かしたためてきたが、月は非日常的な要因をめちゃくちゃはらんでいる。そして月の満ち欠けほど謎めいているものはない。小学4年生の理科の問題にこういうのがある。

Q、よく晴れた日の午後4時頃、南東の空に月が見えました。月はどんな形をしていましたか。

ア、満月 イ、下が欠けた半月 ウ、上が欠けた三日月 エ、上が欠けた半月

(*言葉で説明しましたが、実際の問題は月の絵が描いてある)

午後4時というキーワードと南東というキーワードから月の形を理解できる小学校4年生は、ある種天才だと思う。確かに天文学的な難しい説明をすれば、今天体を学んでいる中学3年生には、理解させることはそれほどの困難を要しないかも知れないが、小学校4年生である!

答えはイであるが、全国の先生方小学校4年生にどう説明していますか?僕も長い間理科を教えてきましたが、ココだけは頭がクラクラします。

月にはうさぎがいてね、朝からお餅をついているんだよ。うさぎさんがね調子にのって餅をつき続けているもんだから、夕方には月の表面が餅でおおわれて、見えなくなるんだよね。・・・・落語じゃあるまいし、こんな説明じゃ通らないよな

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月14日 (火)

人生のシュミレーション

あなたは毎月給料はこのくらいで、課長に昇進すればこのぐらいになって、ボーナスを入れると定年退職まではこれくらい稼ぐことになるわけで、この内これくらいが教育費にかかり、家のローンがこれくらいで、・・・・。

自分の人生をお金でシュミレーションすることは、いとも簡単な世の中になった。サラリーマンであるかぎり、誤差のない生涯年収がはじき出されてくる。それが嫌だという知人も多いが、僕のように不安定極まりない仕事をしていると、シュミレーション出来ない人生が厳しく感じることは多い。

これはお金に関しての話だけではない。中学校や高校の進路データーもそうだ。テストの結果を入力すれば、志望校の合格パーセンテージが出てくる。学校順位、県順位、志望校順位が数字となって襲い来る。

総点の偏差値表には、個人の特技であるとか、動物に対する愛情とか、自然に対するいたわり度などというのは間違っても掲載されない。受験科目の点数と、偏差値、順位だけである。

「そんなもので俺を判断されてたまるか!」と吠える生徒はまだいい。しかしほとんどの生徒は、その無機質な紙片の結果で自分の進路を決めていく。そのことに全く疑うことすらなく。

僕は疑った方がいいと思っている。数字だけで評価される人生なんて信用しちゃだめだと思っている。生徒だからたまたまテストで評価されるけれど、心に持っている想いや、愛や、慈しみに、もっと重心を傾けた人生でいんじゃないかと思っている。そういったもに努力を注ぐ人間が、神様に愛される人生を送れるんじゃないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

快挙だ!

桜町中学校3年生のK君が快挙を成し遂げた。僕の塾の生徒でもあるのだが、数学検定2級に合格した。すばらしい!

中学生で微積まで独学で修得したK君に脱帽である。僕などは高校時代、Mが横になった辺りから(世の中ではシグマと言うらしい・・)数学がちんぷんかんぷんになり、完全なる私立文系志望の高校生になったのだが、M君の爪の垢でも煎じて飲みたいかねごんである。

彼が数学に目覚めた理由は定かではないが、僕の塾で現在アシスタントをしている高専生のT君が、小学校の時に高校の基礎数学をだいたいやったらしいという話をK君の前で話したことがある。その時からM君の数学熱が始まったような気がしないでもない(本人には確認していないが・・)。

アインシュタイン博士を心から尊敬するK君。将来は数学者になることが夢だという。夢に向かって今後も頑張って欲しい。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月13日 (月)

父の思い出(再掲載)

あと1週間で父の21回目の命日がやって来る。2年半前僕は『父の思い出』という記事を書いた。今日のような土砂降りの夜だった。いろんな思い出が雨と共に僕の心に降ってきて、長い文章になってしまった記事だったが、今日またここに掲載させて頂く。父が死んで21年、僕にとっても節目の年である。

私は農家の長男として、藁葺き屋根が点在する丘陵地帯の、岩手の小さな田舎町に生まれた。私が小さい頃から父はずっと出稼ぎで関東方面に行っていて、半年間は家にいなかった。

父は5人兄弟の長男として、私が生まれた当時、小学生や中学生の妹や弟のめんどうも経済的に支えていた。私は一人っ子だったが、叔父や叔母達と兄弟のように育てられた。自分を自己分析すると、末っ子の持つ性格的特徴が実に多い。

そんな父も私が29歳の時に、孫の顔を見るのを待っていたかのようにして他界したが、苦労の多い人生だった。私が小学3年生の時に交通事故に遭い、そして癌を患い、30代半ばからの父の人生は、いばらの道であった。

父が働けなかった時期、我が家は生活保護をもらい急場をしのいでいた。小学校の頃、給食袋をもらわない私を、同級生が不思議がっていたのを覚えている。当時私は耕運機を運転して、忙しいときは田んぼ仕事を手伝っていた。もちろん小学生だったので無免許運転である。今でも鮮明に記憶している場面がある。

小学校6年の5月の連休だった。小学校の前の道を私が耕運機で過ぎようとすると、校長先生が学校から降りてこられた。「かねごん君、大変だろうけれど頑張れな」 先生の目に涙が浮かんでいたのを、私は今でも憶えている。

校長先生は、当時私が父親の代わりとして耕運機を運転することも、バイクに乗ることもとがめはしなかった。学校でも些細なことまでいつも気を配って頂いた。あの時校長先生の励ましにどれほど救われただろうか。眼鏡越しのやさしい笑顔が今でも私の心の中に焼き付いている。

子どもの頃の父との思い出を一生懸命探すのだけれど、病に苦しんでる姿や、大学病院の病棟に続く長い廊下の記憶がいつもじゃまをしてしまう。しかし春のこの時期になると、いつも思い出す光景がある。

田植え近くに、私は出稼ぎから帰ってくる父を田んぼのあぜ道に立って待っていた。5歳頃だったろうか。タクシーから降り立った父に「父ちゃん」と私が叫ぶと、父ははにかんだ笑いを見せて、おみやげ袋をかざしていた。

そんな父も私が東京に出てからは、寂しかったのだろうと思う。酒をあまり飲まなかった父が、毎晩飲むようになったことを後で知った。その酒が父の寿命を縮める結果となってしまったのだが、父の56年の人生を思うとき、父が家族と離れて過ごした出稼ぎの日々、どんな思いだったのだろうか、病に倒れたとき、どんな思いだったろうか、今父親である私は考えずにはいられない。

祖父がそして父が、丹精込めて耕してきた田んぼは、私の代になって4分の3以上が休耕田になっている。こうやって塾をやっている息子を、天国の父はどんな思いで見ているのだろう。たまに夢に出てくる最近の父親は、いくぶんか安らいだ顔をしている。これでいいのかも知れない。

父は晩年、よく美空ひばりの『川の流れのように』を聞いていた。同じ世代として、彼女の歌に自分の人生を重ね合わせていたのかも知れない。そして同じ頃、美空ひばりと共に天国に旅立って行った。

亡くなる2週間前、私の長男である孫を抱いて嬉しそうにしている父の写真がある。私がしてやれた最後の親孝行だった。そして息子を生んでくれた妻に心から感謝している。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

塩土老翁神(しおづちのおおかみ)

『日本書紀』の天孫降臨の説話において、日向の高千穂の峰に天降ったニニギが笠狭崎に至った時に事勝因勝長狭神が登場し、ニニギに自分の国を奉っている。一書では、事勝因勝長狭神の別名が塩土老翁で、イザナギの子であるとしている。

海幸山幸の説話においては、ホデリ(海幸彦)の釣針を失くして悲嘆にくれるホオリ(山幸彦)の前に現れる。ホオリから事情を聞くと小舟(または目の詰まった竹籠)を出してホオリを乗せ、そのまま進めば良い潮路に乗って海神の宮に着くから、宮の前の木の上で待っていれば、あとは海神が良いようにしてくれると告げる。

『日本書紀』本文の神武東征の記述では、塩筒老翁が東に良い土地があると言ったことから神武天皇は東征を決意したとある。

ウィキペディアで検索した塩土老翁神(しおづちのおおかみ)の解説文である。塩土老翁神は昨日参拝してきた塩竈神社(しおがまじんじゃ)の神様である。

昨日の記事にも書いたが、塩竈神社には20年このかた毎年参拝に行っている。仙台市の北東部に鎮座する神社で、東北で一番参拝者が集う神社でもある。

実はこの神社で一度も大吉を引き当てたことがない。いつも厳しい神様のお言葉をもらってきた。

二日前の土曜日の晩のことである。夢なのか僕の妄想なのか、『明日は久しぶりの塩竈さまだな』などと寝床で思っていたら、巨大な鯨が脳裏に現れたのである。鳴き声まで聞こえてきた。

神の御眷属というのが、神社にはいらっしゃるという話はよく耳にする。馬神であったり、お稲荷さんであったり、龍神、犬神、八咫烏、などなど。しかし鯨というのは聞いたことがない。ひょとすると鹽竈神社の神様は、鯨の精霊なのか?そんなことを一人で考えていた。

塩竈神社からは太平洋が見渡せる。

080510_090238

単なる僕の妄想かも知れないが、昨日から鯨の光景が僕の深層から離れない。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月12日 (日)

たかが塾だけれど、されど塾である

一年を振り返る時期がやってきた。今年は個人的に反省することが非常に多い年だった。20年間で一番厳しい合格実績だった。一昨年の、12年ぶりの大学高校全員第一志望合格に気を良くし、油断した訳では決してなかったが、今年の春7人の塾生に悲しみの涙を流させてしまった。

これほどの不合格者を出してしまった責任は全部僕にある。なんの言い訳も出来ない。その結果が4月の入塾数の最低記録を作ってしまった。

受験に合格したものは、本人の努力の賜物である。そして残念ながら受からなかった塾生の責任は全て塾にある。

今年は自戒の念を込めて、予定していたイベントを全て中止した。開校20周年のイベントは、今年受験に失敗した卒塾生が、晴れて大学なり、就職が決定した時に考えようと思っている。

塾のイベントが一切無い地味な1年ではあったが、今年の春の教訓をしっかり肝に命じ、指導には命をかけてきたつもりだ。だいぶ体調に無理をした時もあって、家族や友人等に心配をかけたが、ようやく体調も今月に入って復活した。

同じ失敗を2度も3度も僕はやらない。いや、やれない。冬期特訓、そして冬休み明けの最後の仕上げは、一人一人の青写真が既に僕の頭の中に構築されている。

塾教師を2年やろうが28年やってこようが、そんなキャリアは関係ない。子どもたちのニーズに応えられなければ、単なる教え屋で終わってしまう。たかが塾だけれど、されど塾である。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

鹽竈神社に参拝

  クリックすると新しいウィンドウで開きます

今日は今年一年間の無事と健康を感謝し、宮城県の塩竈神社に参拝してきた。恒例の我が家の年中行事である。

正月飾りと御幣を頂いてきた。自宅の神棚に飾るものである。塾には毎年水沢の駒形神社の正月飾りを飾っている。今度の水曜日に行くつもりである。

それぞれ日頃お世話になっている神社の神様へのあいさつ参りが終わる頃には、冬期特訓が始まる。今年も中3の冬期特訓はおかげさまでほぼ定員になった。僕の体調も100%回復した。いい感じである。

それにしても今日の鹽竃神社は気が引き締まった。例年にない晴れやかな気分を味わった。来年は、きっといい年だろうと思う。うさぎのように飛び跳ねるか。

境内には季節外れの四季桜が咲いておりました。

080510_085831_5

寒風の中、枝に咲いた一輪の桜の花、根性を感じますね。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月11日 (土)

道楽は音楽だ

自慢をするような話ではないが、僕はギャンブルを一切やらない。会合以外、酒を外で飲むこともない。タバコも吸わない。もちろんキャバクラのたぐいも入ったことがない(・・笑い)。

50になるが、残念ながら海外旅行もしたことがない。家はもともと農家なので、全くお金にならない原野を含め敷地だけは広い。休みの日は田んぼ仕事や草刈、植木の剪定等やるべき事は結構ある。ゆえに暇つぶしには事欠かない。

そんな僕の唯一の道楽は音楽だ。車は22年を迎えるボロボロの軽トラックだが、ギターだけはKヤイリとギブソンのアコギを持っている。僕が所有しているもので一番高いものかも知れない。

今年もそのアコギが活躍する場がやってきた。来週は二つの小学校で歌を歌ってくる。神様のはからいだろうか、来週はちょうど僕が行っている高校の修学旅行で、ほぼ一週間僕の授業がない。スケジュールがぴったり合った。

お母さんがたの読み聞かせグループ『お話ポケット』さんとのコラボだが、12月の小学校巡りは今年でちょうど10年目を迎える。

ブログで多忙な事をいつもぼやいている僕だが、スケジュールさえ合えば、ギターを軽トラックに積込み、どこにでも馳せ参じる所存だ。

このブログを読まれている小学校や中学校の先生、及びPTAの皆さん、お金のかからないイベントをお探しの方がいましたら、かねごんにお声をかけてみて下さい。ギターを抱えて参上いたします。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月10日 (金)

雪がやってきた

とうとう雪の季節がやってきた。今朝は屋根が雪で真っ白だった。道路は日陰が凍結していた。いよいよスタットレスタイヤが本領を発揮する日々がやってきた。

080510_085831

羽奥山脈も本格的な雪に覆われた。これから来年の5月まで雪の山を仰ぎ見ることになる。今夜外の気温はマイナス3度。寒い。

公務員のボーナスが出たらしい。僕の年齢の公務員の冬のボーナスだけで、僕の年収を軽く超えている。だから何なんだと言われても、返答に困るのだが、羨ましいことに偽りはない。

今度の日曜日でも年末ジャンボを買おうと思う。3億円が当たったたら、北欧製の暖炉を買いたい。暖炉の火を眺めながらジャスを聴きたい。・・・なんて毎年夢想している僕はある意味幸せものかも知れない。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

謙虚にそして大胆に

困ったときの神頼み、と言うわけではないが、困ったときは素直に神様にお願いすることにしている。

人間というものは明らかに運気の流れというものがある。ほんの少しの努力で開眼することがあれば、血の滲むような努力を重ねても前進しない時がある。

そんな時に絶対思ってはいけないのは、『自分はついてない』という自己暗示である。今の努力は必ず報われるという信念が欲しい。

僕は塾を独立した当初、とても孤独だった。そして若くもあった。悩みや葛藤も多かった気がする。家内も乳飲み子を抱えて右往左往。僕は近くの神社に行き、手を合わせることが多かった。

どうかこの仕事で家族を養っていけますように。塾生たちの合格を導いていただけますように。

僕の真摯が願いが届いたのだろう。何とか20年間借金をすることもなく、塾業を続けてこれた。おかげさまで卒塾生も700人を超えた。

僕の生活のモットーは、謙虚にそして大胆にである。何事にも臆することなく、信じた道を驀進してこそ我が人生だと思っている。

僕は才能もお金もそして学歴もないが、夢だけは誰にも負けないつもりだ。半世紀を生きてきても、まだまだ多くのやりたいことがある。その気概だけで生きているが、僕はそれで十分だと思っている。

今年ももう少しだ。頑張ろう。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 9日 (木)

人生に100戦100勝はありえない

中学校では三者面談が始まる。志望校の最終決定の時期が来た。

高校や大学で人生が決まるわけじゃないが、言わば家族や、親御さんやそして本人のプライドをかけた最後の戦いがやって来る。

戦いなどという表現をあえてしたが、普通に勉強をすればいいことであるのだが、合格不合格という結果を恐れるあまり、葛藤が生まれる。

中学校時代遊び呆けて、部活と音楽に明け暮れ、公立高校を見事失敗した僕の経験を言わせてもらえば、勉強をやらずに失敗しても、頑張って失敗しても、どちらも大きな学びであると思う。

努力をしなかった自分を分析することで、自分のモチベーションのもって行き方がわかる。そして頑張ったはずの失敗も、自分の思考の短所がどこなのか理解できるはずだ。

失敗は成功のもと。この至言は失敗したものにしか分からない。人生に100戦100勝はありえないし、100戦100敗もあり得ない。たった一勝のために、人生の全てを注ぐ生き方があってもいいと僕は思う。

逆に、たった一回の敗戦のために、人生を諦める人間もいる。しかし負けることは決して失敗ではない。人生の大きな糧である。そのことを忘れない受験生であって欲しいし、人間であって欲しい。

志望校とは、志し望む学校だ。無理をしない生き方もそれはそれでいいと思うが、後で悔いの残らない決断をして欲しい。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 8日 (水)

年寄りがゆえに見えてくるものもある

政治の世界でも、教育の世界でも、そして企業に於いてもそうだが、権力にペコペコしている人間に限って弱者には横柄で態度がでかい。

僕がいつも思うことだが、傲慢な態度や横柄な態度は、劣等感の裏返しであって弱い人間のシグナルだと思っている。本来肝が座り、実力を兼ね備えた人間は謙虚である。

40前の若造が、ふんぞり返って闊歩する姿ほど興ざめするものはない。努力精進すればするほど、途方も無い先人の業績や、パワーに圧倒されるものだ。

地位や財産にあぐらをかいて調子に乗っていると、後で痛い目を見ることになる。国家もそうだが、人間も発展途上だと思って頑張っているうちは人生に隙が生まれないものだ。

若い頃、年寄りの話は聞くものだと言われたが、年寄りになると、老眼になって字は見えづらくなるが逆に見えてくるものもある。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 7日 (火)

天界からの音楽

51qd5zvsfel_sl500_aa240_1

今年のクリスマスバージョンのデコレーションはこれ。塾の玄関脇の窓に、岩塩ランプと木製のクリスマスツリーを置きました。

本日自宅では、シュタイナーこども教室のタンポポコースがあったのですが、いつも仏壇に見向きもしない子どもたちが、急に線香をつけると言って線香をつけたそうです。

今日は祖母の命日。まだ天界から生まれてきて間もない子どもたちは、何かを感じたのでしょうね。

ちっちゃな天使たちにお参りをしていただき、祖母も喜んだことと思います。

明日12月8日はジョン・レノンの命日です。今夜はこの曲でブログを終わりたいと思います。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

7の神様パート2

今日は12月7日祖母の7回忌である。今日は朝からずっと仕事なので、昨日庭先の野菊を抱え、墓参りに出かけてきた。

10月のようなポカポカ天気だったので、墓所まで歩いて行くことにしたのだが、よ~く考えてみれば、墓所まで歩くのは小学校以来のことである。往復1時間、汗をかきながらお墓参りに行ってきた。

祖母は94歳で天寿をまっとうした。明治生まれの祖母は16歳で祖父のもとに嫁いできて、僕の父を含め7人の子どもを授かったが、2歳になる前に二人の子どもを亡くしている。

僕のオヤジと同じで頑固で、調子が悪そうだから病院へ行こうと言っても、「私はこの家で死にたい」と言って絶対病院に行かなかった。孫の僕に面倒を診てもらうことに対して、遠慮があったのだろうと思うが、安らかな最後だった。

以前にも書いたが、我が家は僕で17代目である。息子が家から離れそうもないので、彼が18代目言うことになる。

それにしても僕の人生には7という数字がいつも寄り添ってくる。17代目の僕の誕生日は2月7日。息子の誕生日は4月7日。ちなみに母は10月27日。先月天国に行った愛犬のボブは7月7日生まれ。生まれて初めて僕が仲人をしたお嫁さんの誕生日も7月7日だった。

そして祖母の命日は今日の12月7日。偶然にも塾がある番地は、一関市磐井町7番地である。ここまで来ると絶対偶然などではないだろうと思う。ちなみに日曜日に行われた白ゆりテストの当塾の会場番号は557。まさにゴーゴー7である。

間違いなく僕には7の神様が付いている・・・・かな?

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 6日 (月)

僕の工房

4202

この賑やかな机は何かというと、塾で僕がブログの原稿を書いている、言わば僕の工房である。

ジャズのCDが堆積し、ミニチュアカーが陳列され、ウルトラマンの怪獣がディスプーレーされているカオスの一角である。塾生さえこの節制のなさに呆れ顔である。そして社長である家内は顔をしかめ、スキあらば片付けようとするのだが、そうはさせじと粘り腰のかねごんである。

ブログ記事だけではない。この場所で数々の僕の名曲にあらず迷曲が生まれた場所でもある。この机に座りジャズをかけ、コーヒーを飲む時間が僕の至福の時間である。様々な妄想と想像がクロスオーバーし、僕の思考が形作られていく。

と言うことで、今日は僕の妄想工房の初お披露目でした・・・・。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

ドンマイです

僕が大変お世話になっている一関市千厩町伊庄整体ヒーリング治療院のしゅうちゃん先生のブログからの引用です。

木の葉に繭がついてて、その繭を持ち帰って孵化するのを見てました。蝶がその繭を破って外へ出ようと苦闘している。お~こりゃ助けてあげんべ~と繭をはさみでちょっきんと・・蝶は楽々外の世界へ出てきました。ところが蝶は飛ぶことができず這い回るだけ・・・本当であれば繭の小さな穴から苦闘しながら出てくる過程で体液が身体中羽の隅々まで行き渡り蝶は飛ぶことができるはずだった。

 ほんの少しの努力だったり、努力を惜しんでしまう人、それでは今以上の成長は無いでしょうね、苦闘するということは生きていく強さを獲得する上で必要なこと、そしてその苦闘を味わえるのが今生に生きてる証でもあるわけね、きっと。

教育にも完璧に当てはまる話ですね。やる気がないのもやる気があるのも、それぞれの子供たちの学び、その学びを全て同じ方向に持って行きたがるのが大人。

努力が違う方向に向いていると、ついつい修正させたくなるわけですが、一見無駄と思えるものの中に、多くの学びが潜んでいるものです。心が強くなるためには、遠回りが必要です。ピーポイントの生き方ばかりをしていると、魂が成長しません。

塾をやっていて言うのもなんですが、今の教育は効率ばかりを優先して、味気ないですね。人生長~いんですから、様々な寄り道があっていんじゃないでしょうか。

僕など寄り道をし過ぎてこんなオヤジになってしまいましたが、まあドンマイです。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 5日 (日)

興亡の河

僕の友人で、奥州市水沢区で個別指導学び舎を営む小林先生が、昨年陸奥話記の小林版現代語訳を世に出した。ちょうどその頃、一関の喫茶店青空の東海林さんより、僕の第二弾のライブをとの話を頂いた。

小林先生の著作に影響を受け、僕は陸奥話記の前九年の役を題材にした曲をそのライブの目玉にしようと考えていた。ところがライブの話を頂いた3週間後東海林さんが病に倒れ、今年帰らぬ人となってしまった。

僕は途方にくれ、しばらくギターを手にする気力も失せていたが、夏が終わる頃、『興亡の河』というタイトルで曲がどうにか完成した。ブログでも書いたのだが、この曲を作っている時に、今までに経験したことがない不思議な体験をした。

塾生が帰った後に、教室で曲を書いていると急にラップ音がしたり、窓も開いていないのに風がそよいだりした。自宅で行ったミニライブの時は、興亡の河を歌おうとした瞬間にカポタストが飛んだ。

そして2週間前、平泉吉野屋さんで行われたイーハトーヴ音楽祭で、僕はこの曲を用意して行ったのだがまた奇跡が起きた。

音楽祭の様子は、平泉観光協会の公式サイトで紹介されたが、なんと僕の出番のまえにあろうことか「前九年の役」の紙芝居が紹介されたのである。僕は誰にもこの日、前九年の役を題材にした新曲を歌うことなどしゃべっていなかったし、偶然にしては出来すぎである。鳥肌が立った。

ちなみにハゲオヤジがアディダスのスポーツウエアを着て、ギターを弾いているのが僕なのだが、残念ながら写真は迷曲(?)かぶとむしを歌っている場面でした。

それにしても、今回の僕の曲には何かが居る!

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

基本は大切ですね by唐人町寺子屋

いつも拝読させて頂いている塾ブログの記事から・・・・・

先日3年生の個別指導をしていたら・・・
1200×700を
こうやって計算する子・・・。

思わず、
「ちょっと待って、、、いつもそうやって計算しとると(汗)!!??」

「はい、、うふふ(笑)」


「いやいや、大変だし、間違いやすいよ。小学校で習わなかったの?」

「全然(やけにきっぱり)」



ということで、簡単な計算を教えることに。

0の部分は置いといて、他の部分、この場合、12×7を計算する。すると84になるよね。
この84に、1200の0ふたつと700の0ふたつ、合計4つの0をつけて840000にして終了!
「ほーーーへーーーすごい~~~」

いやいやすごくないから。
福岡市の学習塾「唐人町寺子屋」の鳥羽先生のブログ記事を拝借しました。鳥羽先生がご指摘のように、こういう中学生多いですよね。僕の塾にもいますね。2次方程式の公式を覚えることも大切ですが、こういった基本を確認することもとっても大切ですね。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

もし自分が自分の上司だったら

もし自分が自分の上司だったらどうだろうか、などという仮定法的妄想を僕はやることがある。

そうするととても打算的で利己的な自分の姿が見えてくる。とてもこんな上司の元では、仕事などしたいとは思わない(・・笑い)。

僕は一応塾を営む人間だが、人に指図することや、人に頼ることが苦手な人間である。もちろん上から押蓋のように強制されることも好きではない。

ゆえに一匹狼的人生を歩んできた。毎年非常勤講師の先生に教室を手伝ってもらっているが、他にこんな仕事をやってはだめだとか、服装はこうじゃなければいけないとか、教え方はこうだとかいうような指図的なことを僕は言ったことがない。

僕の塾を見てもらって、僕や塾生を見てもらって、そして各自に対応した仕事をしてもらえばいいと思っている。もちろんそのような対応が出来る先生を、僕は採用しているつもりである。

そんな我儘で身勝手な僕が、2年も高校の講師をやっていることに、家内はきっと不思議に思っているに違いない。おそらく早々に辞表を出してくるものと思っていたのではないだろうか。

しかしこれが実に楽しいのである。周りからは、スケジュール的にきつくないですかと言われるのだが、まったくそんなことはない。

自分で指導の年間計画を勝手に作らせてもらっているし、テスト問題も好きなように作らせてもらっている。クラスによってはまったく教科書を使わないクラスもある。そんな自由な学校はない。こんな僕の力量に任せてもらっていることに感謝である。

自由が服を着て歩いているような人間であるがゆえに、家族や周りには多大な迷惑をかけてきた気が多いにする。陳謝したい。

追伸

今夜塾の帰りに10時頃コンビ二に寄ったのであるが、20歳ぐらいの女の子がパジャマ姿で自動車を運転してきて、コンビニで食パンを買って帰って行った。この光景にはさすがの自由人の僕も負けた・・・・・

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 4日 (土)

僕が30年塾教師をやめなかった理由

塾教師になった理由を話そうとしても、感動的な秘話も無ければ高尚な目的があったわけでもない。

僕の時代も就職難で、受けようとした音楽関係の企業が、すべて会社訪問の時点でお払い箱にされ、最後にたどり着いたのが都内の進学教室の塾教師だった。言ってしまえば、僕のような人間をとってくれる会社があればどこでも良かったのである。

しかし、30年近く塾教師を辞めなかった理由となると僕なりにある。塾教師を1年間やって、強烈な衝撃を受けた。塾の先生の授業は圧倒的に分かりやすく、そして飽きないのである。

僕もこんな先生に教えてもらっていたら、もっと違う人生を歩めたんじゃないかと、正直地団駄を踏むような感情に襲われた。教わってきた小、中、高の先生方にはまったくもって失礼な話なのだが、圧倒的な質の違いを見せつけられたかねごんであった。

子供たちを説得するスキル、話術、そして教科指導の緻密な準備。生徒に教科書を読ませ要点を黒板に記するだけの授業など進学塾には存在しなかった。

手を抜くような指導をすれば、いつでも生徒は離れていく。そんな過酷な仕事だけれど、実は僕はそのドキドキ感がたまらない。

生徒の集客人数が仕事のバロメータではないけれど、ごまかしの効かない状況に自分を常に置き続ける緊張感が、この仕事を30年間近くも続けてこれた一番の理由であるような気がする。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 3日 (金)

頼られるうちが花かもしれない

風邪を引いたのか食欲がなく、昨日のお昼にそばを食べてから丸一日、りんごを食べたきりでなにも食べれなかった。

熱があるようなので、今日は高校の授業を終えて自宅に戻り、3時間ほど寝た。塾の方も早々に切り上げ今日は8時半に帰宅した。

11月以来体調が思わしくなかった。痛風の発作はなかったものの、喘息が収まらず胸が苦しい日々が続いていた。薬を飲めば飲んだで今度は胃が荒れて口内炎にやられ、四苦八苦の日々だった。

そして今回の風邪。体調管理がルーズだったことに大反省である。若いつもりで飛ばしすぎた一年だった。そのつけが終盤にやってきた。

頭痛、腰痛を甘く見ていると、次から次へと身体はSOSを発してくる。一番の原因は寝不足による過労と、休みがないことからやってくる精神的なストレスだろうと思う。

今年は正月の3日間と5月のGWを休みにしただけで、それ以外のプライベートの休日はなかった。年を取れば取るほど多忙になってくる僕の日常は、一体どうなっているんだろうと我ながら呆れているのだが、人様に頼られるうちがひょっとして花なのかもしれない。

【塾からのお知らせ】

12月5日は白ゆりテストです。大験セミナー会場は9時にスタートします。お昼をお忘れなく。テスト代がまだの方は、当日持ってきてください。お願いいたします。

中3冬期特訓ですが、本日で午前の部は定員になりました。午後の部は後8名入れます。希望者はご連絡下さい。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

久にぶりの大雨

今日の午前中は凄まじいほどの風と雨だった。12月に入ってのこんな大雨は珍しい。

メダカが生息する庭先の池は、今にも水があふれんばかりで、時期はずれの大雨にメダカたちもあわてふためいて大騒ぎである。

この庭先の池に、祭りでもらってきた金魚を4,5匹放したところ、3年ほどで20匹以上に増えた。餌を与えながら金魚との語らいを楽しんでいたのだが、昨年白鷺がやってきて、ほとんど食べられてしまった。

080510_085831

僕の家の周りでは、繁殖が盛んで、至る所で白鷺が見られる。飛んでいる姿はなかなか美しいのだけれど、食欲旺盛な鳥である。金魚たちの冥福を祈りたい。

080425_093935

僕の家のメス猫も、池の生きものたちを狙っているのだが、白鷺のような鋭いクチバシもなくただじっと泳ぎ回るメダカたちを眺めていた。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 2日 (木)

I love you.

今日のとよ爺先生の記事に、抜粋としてこんなことが書かれていました。

「 I love  you 」という言葉に初めて二葉亭四迷がぶつかったとき、どう訳すか悩んだらしいんですよ。今みたいに「好き」とか「愛してる」とか使わない時代ですから。それで、何と訳したと思います? 「私は死んでもいい」・・

英語を初めて翻訳した人たちは、いったいどんな感性で臨んだのでしょうか。想像を絶する悶絶があったのではないでしょうか。

言葉は人間の存在そのものだと思います。一応僕も英語教師ですが、今だに英語は難しいです。いや言葉が難しいですね。

とよ爺先生は外国語学部を出られているのですが、先生の文章の根幹をなしているのは、生意気な言い方をさせてもられば、リズムだと思います。

音楽的なリズムを感じます。逆な言い方をすれば、リズムがなかったなら毎日あれだけの分量はとても書けません。

シュタイナー教育に於いてもよくリズムが重要視されます。身体の動きは頭脳の発達と直に連動します。

かく言う僕も、呼吸法が整わず、よく家内から注意されるのですが、呼吸もリズムが大切なのでしょうね。

I love you.  皆さんならどう訳しますか?

僕は遠い昔のことで忘れてしまいました・・・・

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

2010年12月 1日 (水)

今年も師走

今日から12月。街はいっきにクリスマスモードに突入した。市内の商店街もクリスマスソングが流れ、年末の慌ただしさの中、師走が駆け抜けていく。

080630_114752

僕は今朝高校の授業に行く前、家内に頼まれ近くの山林に分入り、藤やアケビのつるを取ってきた。シュタイナー親子教室でクリスマス用のリースを作るらしいのだが、そのリースの材料を調達してきたのである。

080510_085831

昨年はクリスマス用のモミの木を家内から取ってきてくれと言われて、山から切りだして担いで降りてきた。毎年多忙なこの時期、よく働くかねごんオヤジである。

今年も県立高校の入試までちょうど100日。さあラストスパートだ。

大験セミナー中3冬期特訓ご案内ココをクリックすると御覧いただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ