最近のトラックバック

« シュタイナー自宅教室が1周年 | トップページ | 泣けてくるかねごんである »

2010年11月 6日 (土)

夏蝉を霊木にしようとするものなり

一番大切なもの、それは愛する人の命である。何ものにも代えられない。

11月3日、悲しい告別式が行われた。市内の中学3年生M君の告別式だった。僕の息子と同じ15歳。ご両親や家族の悲しみを考えると言葉もない。

M君は中学の3年間野球部で活躍していた。同じ部活の仲間達が僕の塾に通って来ている。

通夜や告別式で塾を休んでいたが、今日久しぶりに塾にやってきた。僕は指導中、今回の交通事故については一切触れなかった。いや触れられなかった。

部活で一緒に涙と汗を流した仲間が、突然いなくなってしまった悲しみは、どれほどのものだったろうか。憔悴した表情に、僕は痛々しさを感じた。本当に辛かっただろうと思う。

交通事故という一瞬の悲劇。亡くなったM君が僕の末の子と同い年ならば、事故を起こした運転手の若者も、僕の長男とほとんど変わらない世代だった。運命の残酷さに心が重い。

若者が天に召された時に、思い出す言葉がある。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

吉田松陰が獄中でしたためた『留魂録』のなかの言葉である。『十歳にして死すものは、その十歳の中に人生の四季がある。十歳をもって短いと言うのは夏蝉を霊木にしようとするものなり』

愛する人がいなくなった時、大切なのは、僕らもその道中であることを肝に銘じることだと思う。

心よりM君のご冥福をお祈り申し上げます。(合掌)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« シュタイナー自宅教室が1周年 | トップページ | 泣けてくるかねごんである »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏蝉を霊木にしようとするものなり:

« シュタイナー自宅教室が1周年 | トップページ | 泣けてくるかねごんである »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ