最近のトラックバック

« 時間は無限にある | トップページ | 冬来たりなば受験遠からじ »

2010年10月28日 (木)

『無原罪の御宿り』

クリックすると新しいウィンドウで開きます

世界遺産であるエル・エスコリアルの修道院に飾られていた作品『無原罪の御宿り』である。

聖母マリアの絵画がこの世に多く残されてきたが、僕が一番好きなマリア像だ。

パルトロメ・エステバン・ムリリョ1660年代の作品である。17世紀のバロック様式を代表する作品であるが、斬新で今生的な時代感覚を醸しだす作品だ。

僕にとって聖母マリアの存在は、この絵画のごとく気高くそして純真無垢な女性のイメージそのものである。

イエスに先立たれたマリアは、その後まもなく死を迎えるが、大天使ミカエルの手で復活する。

ムリリヨのこの聖母マリア像を見るたびに、僕は胸がいつもズキンとする。彼女が見つめる視線の先にあるものは、慈悲の光だろうか。もしくは神の愛だろうか。

毎日子供たちと接する日常を送っている僕は、彼女の足元で戯れる天使の真摯な視線に心の奥底を読まれているような気がしてならない。

子どもを教育する仕事は聖職だと思う。だから自分に嘘はつけない。この絵画を見るたびに教えることの仕事の重大さにいつも気付かされる自分がいる。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 時間は無限にある | トップページ | 冬来たりなば受験遠からじ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『無原罪の御宿り』:

« 時間は無限にある | トップページ | 冬来たりなば受験遠からじ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ