最近のトラックバック

« たった一人の卓球チーム | トップページ | 忘却について »

2010年10月31日 (日)

誰にでも光は平等に降り注ぐ

自分に自信がないものが、他人をさげすむ。

努力をしないものが弱者をけなす。

自分が所属する社会や会社や学校を盾に惰眠をむさぼっていれば、やがて人は光を失う。

一歩を踏み出せば、必ず躓(つまずき)はやって来る。しかしそれが学びだ。

20092567004239x159

空に枝葉を伸ばすムクノキの大木のように、空をめざせばいい。

風や雨や雪が叩きつけてきても、空をめざせばいい。

疲れたら休んで、元気が出たらまた歩を進めればいい。

それが自信になるはずだ。それが優しさになるはずだ。

一歩を踏み出したら、誰にでも光は平等に降り注ぐ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« たった一人の卓球チーム | トップページ | 忘却について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰にでも光は平等に降り注ぐ:

« たった一人の卓球チーム | トップページ | 忘却について »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ