最近のトラックバック

« お盆休み最終日 | トップページ | 悠久の時の流れ »

2010年8月15日 (日)

リーダーの条件

英語でディベートが出来る。エッセイが書ける。自立している。目標がある。等々リーダに求められる条件は多種多様だ。

日本経済が衰退したのは、リーダー教育が学校においてなおざりにされたからだ、と言う声が多い。僕はちょっと違う考えを持っている。

英才教育や俗にいうリーダー教育という名の隔離教育が、逆に真のリーダーの輩出を妨げてきたような気がしてならない。かつて日本の産業が世界をリードしていた頃、高学歴のエリートが起業した会社が多かっただろうか。

自らが汗と泥にまみれ、小さな町工場から世界に誇る技術を模索し、巨大資本に立ち向かっていった職人の魂があったはずである。

初めからあてがわれたレールに乗っかることだけを考え、自らが枕木を用意しない傍観者だけを育ててしまったことが、日本経済の衰退を招いてしまったのだと思う。

利便さの中で雑草魂を失ってしまった僕ら親世代が、僕ら以上に軟弱な子供たちを作ってしまったことは隠しようもない事実である。農家の経営者たちは、自分の娘を農家に嫁がせたくないと言う。自営業を営む知人たちも、息子には普通の安定したサラリーマンになってもらいたいと言う。

学歴や家の経済力だけでは、気骨のある子どもが育たない。高校生や中学生にバイトを禁じる国の体質が、真のリーダー教育など出来るはずがない。優秀な生徒を、出来の悪い生徒からまるで隔離してしまっている日本の教育に明日があろうはずもない。

金が無ければどうしなければならないのか、教養が無ければどうしたら良いのか、綺麗事のお伽話を子どもにする時代ではもはやない。

リーダーの条件は、自分がまず自分の足でしっかり生きられること。いい年をして親を頼らないこと。そのことに尽きるのではないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« お盆休み最終日 | トップページ | 悠久の時の流れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーダーの条件:

« お盆休み最終日 | トップページ | 悠久の時の流れ »