最近のトラックバック

« バイオリズムは6年周期 | トップページ | おとうさん!おとうさん!おとうさん! »

2010年7月20日 (火)

モダンジャズはやめられない

高校時代の僕の友人たちは、ギター好きはいっぱいいたが、俗に言うロック少年ではなかった。僕と同じように単に目立ちがりやで、女の子にモテたいとか、文化祭で目立ちたいとか、そんな不純な動機の輩が多かった。

ツェッペリンの『天国への階段』のイントロを耳コピーで弾いて、ハイおしまい。そんな連中だった。

僕といえば、軟弱なフォークソングや、アメリカのポップスに身を任せ、ネチネチとした詩のようなものをしたため、自己陶酔の世界に浸っていた。

そんな僕がジャズに目覚めたのは、あるカセットテープがきっかけだった。当時FMではビリー・ジョエルの『オーネスティ』がヒットチャートを驀進していた。僕はナケナシのお金をはたいて、その曲が入っているミュージックテープを買ってきた。

My life という曲のフェードサンドに強烈なサックスのビートが入っていた。それが僕のジャズとの出逢いだった。もちろんそれまでにもテレビやラジオでジャズは聞いていたが、これほどまでにビートの効いた音楽が世の中にあるのかと、しびれてしまった。

サックスのジャズに魅了された僕は、アート・ペッパーやコルトレーンを筆頭に、ジャズの世界に酔いしれていった。あれから30年以上の歳月が過ぎた。やはりモダンジャズはやめられない。

青春時代、タバコの煙とコーヒーの香りが立ち込める暗いジャズ喫茶で聴いた名曲の数々が、耳を澄ますと聞こえてきそうだ。

夏期講習のご案内⇒こちらをクリックhttp://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-2123.html

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんのデビュー作   『僕の夢』

かねごんの受験応援ソング  『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« バイオリズムは6年周期 | トップページ | おとうさん!おとうさん!おとうさん! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モダンジャズはやめられない:

« バイオリズムは6年周期 | トップページ | おとうさん!おとうさん!おとうさん! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ