最近のトラックバック

« 山の風景 | トップページ | 神様に感謝である »

2010年5月19日 (水)

癒しのピアノマン

ジャズの巨匠ハンク・ジョーンズが召された。91歳だった。

昨年一ノ関ベイシーで凄みのあるライブをやったばかりだけに、残念である。彼のピアノを一言でいうとリズムの天才である。共演するアーチストの音色を彼のピアノは控えめにそして力強く後押しいて行く。

でしゃばらずかと言って存在感を失わず、ハンクは明るいピアノを奏でて行く。落ち込んだ時ハンクのピアノのリズムは、癒しそのものだ。

ハンク・ジョーンズというピアノマンに人生で出会えたことに感謝である。合掌

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。生意気な文章ですが、よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

     大験セミナーのご案内 ⇒  コチラをクリックしてください

« 山の風景 | トップページ | 神様に感謝である »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日の朝日新聞の岩手版にSwiffty御大がハンクについて書かれていましたね。めったに行かないべーシーファンとしても、Swiffty御大の感慨を感じ取ることが出来ました。かねごんさんはべーシーのお近くにいらっしゃるとのことですから、かねごんさんもまた、思いをはせたと思います。たまには高い?コーヒーを飲みたいものですね。

(かねごん)
せなじい様お久しぶりです。コメントを頂きありがとうございます。
90歳まで現役のプレーヤーであったハンクは幸せ者だったと思います。今夜はハンクを聴きながら焼酎でも飲みたい気分です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 癒しのピアノマン:

« 山の風景 | トップページ | 神様に感謝である »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ