最近のトラックバック

« 原風景 | トップページ | 日本の大学のガラパゴス化 »

2010年5月30日 (日)

我が家の老犬ボブ

080425_002753

僕の家には15歳になるオスの老犬がいる。名前はボブという。今までに4回ほど衰弱して生死をさ迷ったことがあるが、そのたびに復活してきた。生命力あふれる雑種犬である。

昨年の暮も歩くのがおぼつかなくなり、今年こそ年を越すのは難しいだろうと思っていたが、春の訪れとともに元気になった。毎日散歩に出かけている。

彼の元気のみなもとは家族に愛されていることだと思う。家族に毎日頭をなでられ、声をかけられ散歩に連れて行ってもらっている。雨の日も雪の日も嵐の日も、番犬として15年間外で飼われてきた犬である。過酷な岩手の風土が彼を鍛えあげてきたのだと思う。

一度も獣医さんにかかったこともなく、自力で彼は復活してきた。一度も薬を飲んだこともなく、ドックフードも食べない。いつも家族が育てたササニシキ米と缶詰の肉をおかずに食べている。

4年前から喘息を煩い、耳も遠くなり、視力も衰えてきているが、鳴き声はまだまだ力強い。今度の七夕が来ると16才になる。我が家の飼い犬では、最高の長寿犬である。

ちなみにボブの誕生日は7月7日。僕の誕生日は2月7日、息子は4月7日。母は10月27日。亡くなったは父は12月7日生れだった。不思議な家族である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  愛のクリックに感謝申し上げますo(_ _)oペコッ

かねごんの受験応援ソング『エール』  

かねごんの異色ブルース『かぶとむし』

【動画プロデュースby とよ爺先生

« 原風景 | トップページ | 日本の大学のガラパゴス化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の老犬ボブ:

« 原風景 | トップページ | 日本の大学のガラパゴス化 »