最近のトラックバック

« 22年ぶりの母校 | トップページ | 奇跡の出会い »

2010年5月 7日 (金)

哀愁のジャズ喫茶

3日の日は、明日とよ爺先生や岐阜の先生方にあえるという興奮もさることながら、久しぶりにプライベートで歩く東京の街に、子どもの頃の遠足の気分を味わっていた。

ターミナル駅を行き交う人の波は、岩手から出てきた中年おじさんにはだいぶきつかった。若い頃ならば軽く横によけられた身体も、だいぶ反応が遅くなり、何度人にぶつかっただろうか。

僕がジャズ喫茶にたどり着いたのはもう太陽が傾きかけた時間だった。昔と変わらない喧騒がそこにはあった。

080512_133013

学生時代腰掛けたカウンターの席に僕は陣取った。昔と変わらず僕の座ったカウンターの前にはマイルス・デイヴィス がタバコをふかしているポートレイトが飾られていて、その横にはもう紙がボロボロになったビル・エヴァンスのポスターが貼られていた。

相変わらずコーヒーはまずかったが(・・笑い)、鳴り響く音楽はレコードからCDに変わったものの、雰囲気は昔のまんまで、僕が座った瞬間にアートペッパーの懐かしいナンバーが店内に流れてきた。

僕はペッパーの曲を聴きながら、翌日の先生方の出会いに思いを馳せていた。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。生意気な文章ですが、よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

     大験セミナーのご案内 ⇒  コチラをクリックしてください

« 22年ぶりの母校 | トップページ | 奇跡の出会い »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁のジャズ喫茶:

« 22年ぶりの母校 | トップページ | 奇跡の出会い »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ