最近のトラックバック

« 生徒募集のお知らせ | トップページ | ここだけの話しだが »

2010年3月14日 (日)

21年目の思い

塾の子どもたちを考えるとき、彼ら彼女らの親御さんなら、自分の子どもをどうして欲しいだろうかと考える。僕が塾の時間を自由にしているのも、そういう視点からだ。

遠いところから車で送ってくる親御さんにしてみれば、指導時間が指定されれば、この大変な時代、仕事が延びたり、学校行事の変更などで、塾のスケジュールに合わせるのは至難の業である。雪のふる季節ともなれば尚更だ。

また教科数で月謝が上がっていくのがほとんどの塾であるが、これも親御さんにしてみれば家計が厳しい。僕が10年前から全教科を指導しているのも、専門教科担当の講師の先生をなくし、講師全員が全教科を見ることで、教科数による月謝設定を廃止できるためだ。

正直言って指導は大変だ。本当は曜日指定をして、学年ごとにレベル分けをした一斉授業が楽なのである。しかしそれをやっている塾はいっぱいある。そういう指導を望む生徒はそういった塾に行けばいいと思っている。

入塾してくる全員の生徒に完璧に対応出来る指導などない。毎年3,4人の塾生の親御さんから厳しい評価を頂く。塾に通わせているのに伸びない。宿題をいっぱい出してください。家で勉強するよう指導してください。僕は30年近く塾教師をやってきたが、残念ながら子どもにやる気を起こさせるマニュアルはない。

時に1ヶ月で効果が出ることもあれば、1年以上もかかることがある。今年有名大学に合格した女子生徒は、小学5年から塾に来てくれたが、高校1年生で激変した。辛抱強く僕の塾に預けて頂いた親御さんに頭が下がる思いだ。塾教師としてこんな光栄なことはない。

今年僕の塾も21年目に突入する。節目の年に、僕が尊敬する塾屋である、神奈川県学心塾のとよ爺先生とお会いできることは大きな喜びである。

寺子屋式の小さな田舎塾の代表である僕は、全く我流の指導をやってきた。高尚な教育理論もなければ、合格に導くこれだというマニュアルを構築しているわけでもない。ただ、自分の子どもを塾に入れるとしたらどんな塾がいいだろうという、自問自答だけはいつもやってきた。その結果がいまの僕の塾である。

とよ爺先生に尋ねたいことがいっぱいあって、逆にまとまりそうにない。ジャズと同じで、アドリブでいこうかとも考えている。プライベイトで東京に向かうのはなんと10年ぶりである。いつもPTA関係や学校行事絡みの上京だったので、好きなところにはなかなか足を運ぶことが出来なかった。今年のGWは塾生には申し訳ないが、我儘をさせて頂きたいと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ   

大験セミナーのご案内 ⇒  2010春期講習会

               ⇒  生徒募集のお知らせ

« 生徒募集のお知らせ | トップページ | ここだけの話しだが »

コメント

こんばんは、実は昨日も前の前の記事にコメントを入れたのですが、文字数が多かったらしく、入りませんでした。
これは「先生とお会いできるのだから、そのときに話せばよいのだなあ」と言うことだなと勝手に納得して昨晩は寝ました。

その中の書いた一言だけ、先生のブログに人が集まるのは先生のブログに魅力があるからなのです。
すべてが先生の人徳の成すところで、ブログを始めたから、いろいろなことが起きてるわけではないと思います。
首を洗って待っております、ぜひ厳しい意見をお願いします。


(かねごん)
とよ爺先生コメントを頂きありがとうございます。
先生,あまり褒めないでください。その気になってしまいますので(・・笑い)。
とよ爺先生とのオヤジサミット楽しみにしております。岐阜の忍者部隊も猛烈なエネルギーで参戦してくるようですので、わたしも何とかゴールデンウイークまでにはエネルギーを補充しなければと思っています。
足らない分は、皆さんからエネルギーをおすそ分けしてもらうつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21年目の思い:

« 生徒募集のお知らせ | トップページ | ここだけの話しだが »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ