最近のトラックバック

« 卒業ソング selected by かねごん | トップページ | 本当に感謝である »

2010年3月12日 (金)

人間は生きなければならない

学生時代、神田の神保町の古本街をよくさまよい歩いた。正確に言うと、本の背表紙を眺めながら妄想に耽っていた。

よくぞこんなにも世の中には本があるもんだと、その光景に、諦観と焦りのような感情を抱きながら本を眺めていたものだ。

人生のスパンの中で、読める冊数などたかが知れている。生涯5千冊本を読む人間と、5百册読んだ人間と、どれくらいの差があるのだろうかと訝しがりながら、知識の源泉は文字をたどる以外にないのだろうかと自問自答し、僕はまた古本を手にするのだった。

日々の生活を見つめる視線の先に、僕は常に死を意識していた気がする。若いが故に、老いて行く社会の姿は、痛烈に胸に迫ってくる。自分が青春を過ぎ、40になり50になり、そして60になる姿は想像だにできなかった。

それが怖くて本を読みあさっていたのかも知れない。矢沢永吉じゃないけれど、時間よ止まれである。

しかし、40代も後半に入った頃から、年を取ることに喜びを感じている自分に気がついた。髪が薄くなり、髭に白いものが多くなり、階段をいっきに駆け上ることがしんどくなってきた自分が、逆にいとおしいのだ。僕は生きてきたんだなという実感を、肉体の老化で知る瞬間、文学よりも哲学よりも大切な学びを得た気がした。

人間は生きなければならない。生きた分、間違いなく死は近づいて来る。その自然さに逆らううちは、なかなか自分が見えてこないものだ。

いっぱいの涙と、いっぱいの汗と、そいていっぱいの悔しさをみんな抱えている。僕もそうだ。それがあるから逆に頑張れるんじゃないかな。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ   

大験セミナーのご案内 ⇒  2010春期講習会

  

« 卒業ソング selected by かねごん | トップページ | 本当に感謝である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間は生きなければならない:

« 卒業ソング selected by かねごん | トップページ | 本当に感謝である »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ