最近のトラックバック

« マイファニーバレンタイン | トップページ | 岩手の特産物 »

2010年2月15日 (月)

服装の乱れは心の乱れと言われるが

國母和宏選手の服装がルーズだということでオリンピックの開会式を辞退させられ、ハーフパイプの出場さえも危ぶまれたが、スキー連盟の判断がいろいろと話題になっている。

國母くんは東海大学の学生であるが、17歳からプロになり世界で活躍するスノウボーダーである。確かに同じプロでもゴルフの石川遼くんと比べると、髪型も言葉遣いも全く次元が違うのだが、僕は國母くんのカラーであって、いいのではないかと思っている。

どんなに誠実そうでも、どんなに礼儀が良くても、プロは勝たなければ評価をしてくれない。ハーフパイプは言わばスキー界のジャズみたいなもので、個性の塊が集合しているスポーツだ。存在価値をアピールしなければならないプロのスポーツにおいて、彼の振舞いは演技であるかも知れない。

國母くんは僕の息子と同じ世代だが、彼の世代からしてみれば、彼のルーズさはいたって普通な気がする。日本のお父さん方やお母さん方が、子どもたちの服装を放任しておきながら、國母くんにだけ白羽の矢を立てるのはいかがなものだろうか。

ある意味彼の姿が偽らない日本の若者の姿だと思う。

服装の乱れは心の乱れと言われるが、僕などは農繁期、泥のついたズボンのまま塾の指導に入ることがある。顔を見ればどこかの山から降りてきた山男のような髭面である。自分を擁護するわけでもないが、あまり見た目で人を判断するのもどうかと思うかねごんである。

國母くんにはぜひメダルを取ってもらい、プロの意地を見せてもらいたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ   

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« マイファニーバレンタイン | トップページ | 岩手の特産物 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
実は私も国母君の記事を書きました。
かねごん先生とは少し違う内容ですが、またもシンクロです。
明日、アップしますので、ご報告をしておきます。

高校周りをしていて、たくさんのネイティブの外人の先生
を知っているのですが、そういう先生からも国母君は非難
の的です。
日本の若者の価値観が海外の若者にも通じると良いのです
が、やはりずれていると考えます。
以前、神田高校の件でもいろいろ格好に関して考えました
が、やはりそれとも違うと私は思います。
21歳の家族持ちの日本代表選手はやはりそこいらの若者と
一緒では困るような気もします。
こういう批判を予め予測できるような責任感を持って欲し
いと私は思いました。
東海大は私の地元ですが、非難の的になって、かなり多く
の人に迷惑をかけています。
とは言っても、彼には頑張って欲しいと思うのが本心です。


(かねごん)
とよ爺先生コメントを頂きありがとうございます。
今回の記事は皆様から賛否両論を頂くと思っていましたが、アップした瞬間にいろいろコメントを頂きました。
服装や態度の悪さは、僕は社会の反映だと考えています。
スポーツ選手ばかりではなく、芸能人もお笑いのタレントも目を疑う方々が大勢いらっしゃいます。
お金を儲けているいる人間の勝ちという風潮がそうしているんでしょうね。残念です。
僕は國母くんはその象徴であると思っています。でも彼を批判するスポーツ界にこそ根っこの問題があると僕は思っています。

かねごん先生

先生の仰ること、良く分かります。
しかし国母君の行動、言動は私は許せません。

私の目の前であの「反省してま~す」を言おうものなら
首根っこを掴んで外に出しますから。

本人の問題もありますが
私は指導者の責任だと思います。
 

(かねごん)
上野先生コメントを頂きありがとうございます。
率直な意見を頂きありがとうございます。とよ爺先生のコメントに対しても書いたことですが、勝つことが勝利者であることを推奨してきたスポーツ界の申し子が國母くんだと思います。
高校でもそうです。甲子園の常連校の生徒が甲子園球場で態度が悪いのも、そして某大学のラグビー部が婦女暴行で検挙されるのも、勝つことが優先されてきた日本のスポーツ界の負の遺産だと思います。
國母くんがあそこまで悪ぶるのも、きっと勝つ自信があるからだと思います。彼が敗退したとき、彼の評価も完全に落ちるでしょう。
彼はプロですからそれくらいの覚悟はできていると思います。彼にとって学びとなるオリンピックであって欲しいと思います。

普段、日本のことを何も考えてないやつにかぎって
こういうときに「国の代表で行ってるくせに」とか
勘違いしたナショナリズム振りかざすんですよね。
ドレッドヘアごときで「人と違う」とか言ってる選手も
どうかと思いますけどね。
電撃ネットワークを見習えとwww

(かねごん)
takeくんコメントありがとう。
まさにそうですね。「勘違いしたナショナリズム」を振りかざされて迷惑しているアスリートはいっぱいいます。国のためにスポーツをやっているのではないでしょうからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服装の乱れは心の乱れと言われるが:

« マイファニーバレンタイン | トップページ | 岩手の特産物 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ