最近のトラックバック

« 節操のないオヤジ | トップページ | エネルギーが錯綜する »

2010年1月29日 (金)

ブログを書き始めた動機

「毎日ブログを書くのは大変じゃないですか」 よく聞かれる質問である。ブログを書き始めたのは2007年の5月。当セミナー社長である僕の家内の勧めであった。日記を毎日更新するようになったのは、神奈川県のとよ爺先生の骨太のブログに触発されて、2年前からである。

とよ爺先生のように情熱のある記事を一日4稿とはいかないけれど、どうにか塾ブログとは程遠い雑文を週に10稿ほど更新している。そして今日のこの日記が1011稿目である。

ブログを書き始めた動機は、塾生の保護者の皆様に、塾を営み教えている僕自身の考えやスタンスを知ってもらおうというのが当初の目的であったが、あまり塾とは関係ない方向に暴走してしまうことが度々で、節操がない塾ブログになっている。本音は書くことが楽しいので書いている。

1日に何千アクセス何万アクセスという途方もない塾ブログもあるのだが、僕のブログは昔も今もそれほど変化はなく、毎日読んでおられる方が50名ほどで、検索ワードでたまたま入ってこられる方がその2倍ほどいらっしゃる。1ヶ月に一万アクセス弱のごく一般的なブログである。

よく同業者の先生から、ブログで生徒が一杯入ってくるんじゃないですかと言われるが、とんでもない。正直申し上げて、直接ブログがきっかけで入塾してくる生徒は年に10名前後である。入塾生の殆どが卒塾生の保護者の方々のご紹介による入塾である。

毎年この時期になると、学習塾はチラシ原稿や宣伝戦略に頭を悩める季節ではないだろうか。僕の塾はいっさいチラシを出さないし、広告も出さない。よく塾の問い合わせで、どうして個別指導なのにこんなに安いんですかと尋ねられることが多いが、宣伝費をいっさい使わないことで維持できる低料金なのである。それ以外のカラクリはない。

従ってこの時期、宣伝戦略に頭を悩ませないで済むぶん、受験生の指導に専念集中できるかねごんである。毎年ご紹介頂くご父兄の皆様のおかげで、いい指導の流れができるわけで、本当に感謝である。こういった感謝の意を伝えることができるのもブログのおかげである訳で、またまた感謝である。

実は先日学び舎の小林先生とブログ談義をした時にも話したことなのだが、ブログを始めて間違いなく変わったことがある。それは退塾する生徒がいなくなったことである。

コメント欄やメールボックスができたことで、塾に対する意見等を保護者の方が言いやすくなったという要因もあるだろうし、この塾屋は何を考えているのだろうという疑心暗鬼がなくなったことも大きな理由ではないだろうかと、勝手に分析をしている。

僕の塾はクチコミの評判がなくなった時が終焉を迎える時だと思っている。まだまだ頑張らなければならない・・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 節操のないオヤジ | トップページ | エネルギーが錯綜する »

コメント

こんばんは、リンク有り難うございます。
お褒めいただいて、穴があったら入りたいというのが偽ら
ざる心境です。

先生のブログを読んで驚くことは、誤字脱字が少ないこと
と文章の構成がしっかりしていると言うことです。
私のように思いつくままキーボードを叩いていないのが非
常によく分かります。
ゆえに先生の一稿は私の四稿に勝ると思っております。
いつも有り難うございます。


(かねごん)
とよ爺先生おはようございます。
本当に先生の努力には頭が下がります。継続することの大変さは私も始めてみて分かることですが、それにしても広角的な分野に張り巡らされた視野の広さと、洞察力には脱帽です。今後もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログを書き始めた動機:

« 節操のないオヤジ | トップページ | エネルギーが錯綜する »