最近のトラックバック

« 大切なもの | トップページ | 夢の3億円 »

2010年1月 3日 (日)

冬期特訓再開

箱根駅伝は史上6校目となる東洋大学の2連覇で幕を閉じた。柏原竜二くんが箱根の山を登る姿は、まさに竜が箱根の芦ノ湖を目指すようなパワーとオーラーを感じた。

信じられない脚力である。かつて塾の教え子が東洋大学で箱根路を走った。教え子も今回の後輩の走りに歓喜を覚えたことだろうと思う。20大学の出場枠を獲得することが大変な箱根駅伝。しかもレギュラーで箱根路を走る幸運を得ることもままならない厳しさの中、長距離ランナーにとって箱根路はまさに憧れの花である。

母校の大学が箱根駅伝に出ている方々が本当に羨ましい。僕の友人や教え子たちの中には駅伝の常連校の出身者が多く、よく話題に上がる。早稲田大学、東京農大、帝京大学、中央大学、上武大学、明治大学、そして東洋大学。今年もテレビの前で母校の応援に燃えたことだろう。本当に羨ましい。

僕の母校は、高校は駅伝の全国大会の常連校で,箱根路を毎年走る後輩がいるのだが、残念ながら大学は駅伝はなく、箱根路とはまったく縁遠いのだが、どこの大学であれ必死に走る大学生の姿は感動の何ものでもない。

今年僕が涙した場面は、第9区でわずか10秒足らずでタスキを渡せなかった亜細亜大学の選手の涙であった。同胞の汗と涙の染み込んだタスキを最後に渡すことが出来なかった無念さはいかほどであったろうか。僕の新年の泣初となった。

さあ箱根駅伝も終わり、明日の朝から中学三年生の冬期特訓が再開する。僕もタスキを締め直し仕事に復帰である。やるぞ!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 大切なもの | トップページ | 夢の3億円 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬期特訓再開:

« 大切なもの | トップページ | 夢の3億円 »