最近のトラックバック

« 飛翔 | トップページ | 若者たちへ »

2010年1月 9日 (土)

成人式

明日は成人式だ。我が息子もようやく大人の仲間入りだ。長男は神奈川の北里大学病院で生まれた。20年前の1月16日だったが、関東では珍しく朝から大雪が降った。車が混んでいて、残念ながら出産には間に合わなかったが、ガラス越しに見る我が子の姿は神秘的だった。

自分が父親になった実感は、その時は正直湧いてこなかったが、この子のためにしっかり生きていかなければという想いだけは心にずしっと降りてきた記憶がある。

前にもブログで書いたけれど、その息子の誕生から1年を待たずして父が他界し、そして僕は一関の花泉の実家に戻った。家内と息子と母と祖母の5人の山暮らしが始まった。僕は今の塾を始め、父の仕事である農業を継いだ。僕が30歳の時だった。

息子は今年の正月、伯父や神奈川の祖父母に成人式のご祝儀を頂いた。懐があたたかいようだ。かと言ってパソコン代を少し貸してくれとは言えず、ちょっと羨ましい父かねごんである。

塾を始めた頃、狭い教室をよちよち歩いていた長男が、最近はバイトで僕の指導を手伝っている。20年という歳月の流れをしみじみと感じる今日この頃である。

20歳の頃僕はビリージョエルを口ずさんでいた。息子は部屋でヒップホップを聴いている。僕と息子の音楽の感性が妥協する余地は今のところないようだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  塾ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 飛翔 | トップページ | 若者たちへ »

コメント

かねごん先生、こんばんは。

息子さんのご成人、おめでとうございます。
先生の息子さんは父親の背中をしっかり見てみえますね。
羨ましい限りです。

わが子も今年高3になりますが
父親の背中を見せて育てたつもりですが
先生のお子さんのように行くかどうかわかりません。

息子は息子の人生があるわけですから
親が線路を敷くことはしてはいけないのかも知れません。

かねごん先生、
私達塾屋はこれから3ヶ月、忙しくなります。
家族のためにも一番踏ん張らないといけない時期です。
じっくり腹に力を入れて動きましょうね!

(かねごん)
上野先生コメントを頂きありがとうございます。
月日は実にあっという間ですね。子育ての時はただただ毎日が一生懸命だったような気がします。
今夜は息子と酒を飲もうかと思います。
上野先生もお体に留意され最後の砦を頑張ってください。今日はありがとうございました。

こんばんは、学び舎です。

ご長男の成人おめでとうございます。
早いものですね。まだ小さかったころ、うちに遊びに来ていただいたことがありましたが、お腹を出して腹踊りをしてくれたひょうきんな姿がいつも思い出されます。息子さんは覚えていらっしゃらないと思いますが。

(かねごん)
小林先生コメントを頂きありがとうございます。
小さい頃はとてもやんちゃな子供でしたが、今は誰に似たのか無口で寡黙な青年になってしまいました。
まあ色んな青春の悩みを抱える年頃なのでしょう。
亡くなった僕の祖父に立ち振る舞いが似てきました。不思議なモノですね。
受験指導はこれから佳境に入りますね。小林先生も健康に留意されお励みくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人式:

« 飛翔 | トップページ | 若者たちへ »