最近のトラックバック

« パソコン代を貯めなければならない | トップページ | 喜びに満ちた1年でありますことを »

2009年12月30日 (水)

この1年ありがとうございました

今年最後の授業が終わった。どのブログも一年を振り返る特集記事が増えている。僕もいろいろ振り返るのだが、病気をすることもなくなんとか無事に終えられた1年である。感謝でいっぱいだ。

今年僕が感動した出来事を総括したい。

一つは花巻東高校の活躍だ。菊池雄星くんの名前が何度僕のブログに登場しただろうか。弱小岩手の高校野球の歴史を変えた花巻東の躍進だった。西武での菊池くんの活躍を期待したい。

二つ目は手前味噌で恐縮だが、今年の春塾生全員が志望校に合格したことである。本当に嬉しかった。受験で失敗する悔しさは、僕が一番知っている。塾生達が望む学校に行ける喜びは何よりである。今年の春は本当に爽やかな風を感じることができた。

三つ目は我が塾が開校20年目を迎えられたことである。何度も何度も躓きながらどうにかやってこれた。小さな小さな私塾だけれど、多くの人に支えられ生きながらえてきた事に感謝を心より申し上げたい。僕の塾もようやく成人を迎える。ようやく大人の仲間入りである。

そして最後の感動は、友人の小林先生が陸奥話記の現代語訳を完成させたことである。先生とは25年の付き合いになる。同じ塾教師として、多くの辛さや苦しみ、そして時代を共有してきた戦友である。まだ完成祝賀会をやっていないので、冬期講習が終わった後に、新年会で先生の功績を讃えたいと思っている。

あと一日で2009年が終わる。大験セミナー、及び風と虹の教室に本年も多大なるご支援ご愛顧を頂き校長として本当に感謝の念でいっぱいであります。昭子先生、中村先生、そして尚大先生大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

塾生の皆さん、ご父兄の皆様、本当にこの1年ありがとうございました。良いお年を!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« パソコン代を貯めなければならない | トップページ | 喜びに満ちた1年でありますことを »

コメント

かねごん先生

とよ爺先生からかねごん先生のことを知りました。
私自身、高校合格の時に、一関に行ったことがあります。
私のお袋の俳句友達がいるということで・・・。
それが両親との旅行の最後になりました。

一関がどういった街だったのか記憶がありません。
今度岩手に行く機会があれば、
必ずかねごん先生にお会いしたいです。

かねごん先生とお知り合いになれた
2009年に感謝いたします。
そして2010年もよろしくご指導くださいませ。


(かねごん)
上野先生、こちらこそ先生と縁を持つことができたことにとても嬉しくあり、感謝で一杯です。
先生と呼ばれる仕事を通じ、人生をどう生きて行くのか、どう子ども達の未来と関わっていくのか、まだまだ勉強中です。こちらこそをご指導よろしくお願いいたします。

金田先生、こんばんは。学び舎です。

今年の始めに「青空」さんで開かれた先生のライブの打ち上げでいろんな方と話をした時に、なんとか「陸奥話記」の現代語訳を今年こそまとめなければと思ったのがきっかけで一つの形になりました。ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。

今日はこれから自宅PCの修理です(笑;)


(かねごん)
小林先生、来年も良い年でありますように。て言うかもう2時間で2010年ですね。
新年会やりましょう!!!!

明けましておめでとうございます
本年もブログつながり、よろしくお願い申し上げます

かねごん先生のおかげでいろんなことに出会えました。遠距離恋愛^^な二人ですが、今年も互いの発信を競い合いましょう。

一関でジャズを聴き、神社に詣で、山川を観、賢治を語り、郷土料理に舌鼓を打ち、かねごん先生の歌を傾聴し、「風と虹の教室」で子どもたちに白髭を引っ張られる-そんな日って、いつ来るんでしょうね。'I Dreamed a Dream'かも:-)


(かねごん)
奥村先生、明けましておめでとうございます。
今日は吹雪のなか初詣に行ってきました。お神籤は末の子が大吉、長男と僕は末吉、家内は中吉でした。
奥村先生の正月はいかがですか、先生にとって2010も素晴らしい年でありますことを御祈願申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この1年ありがとうございました:

« パソコン代を貯めなければならない | トップページ | 喜びに満ちた1年でありますことを »