最近のトラックバック

« ぶち切れた | トップページ | 先生と呼ばれる人間ならば »

2009年11月27日 (金)

塾業界の裏話

○○予備校とか○○教室などのフランチャイズ塾の経営セミナーが、全国の県庁所在地で年に何度か開かれている。もちろん僕はフランチャイズの傘下に入る気はないし、暇もないのでここ15年くらいは参加したことはないのだが、たまたま参加した知人にセミナーの話を伺ったのだが、なるほどな~という話もあれば、そりゃ~詐欺だろうみたいな話まで、多種多様である。

いつもそうだと思うのだが、だいだいそういった説明会場にはそのフランチャイズで儲かっている塾の代表が講演に登場する。年収1千万円とか2千万円とかという話が飛び交うようだが、お金につられて飛び込む業種ではないので、場違いな講演であるようだ。

結論から言うと、そういったセミナーの話は信じてはいけない。塾を始めた苦労話ならいざ知らず、いきなり儲かった話から入る講演などおそらく98パーセントは脚色である。2パーセントの真実は、フランチャイズの塾をやっていると言うことだけだろうと思う。

開設資金として700万円ほど用意してください。後はいっさいいただきません、などと言うものも黄色信号である。そんなお金があったなら何もフランチャイズに払わなくともリッパな塾を自分で立ち上げることが出来る。騙されてはいけない。

こんなご時世ゆえ、とんでもない輩が魑魅魍魎と化し、甘いわなを仕掛けて待っているのである。気をつけなければならない。

フランチャイズオーナー制などというのもよくチラシに舞い込んで来る。空いている店舗を利用して塾を始めてみませんか。講師も生徒募集もすべて本部が行います。場所と資金を提供するあなたは、その日から塾長であり社長です。生徒100名で年収500万円は保証します。何て言うのを見たことがあると思うが、笑ってしまう。いや爆笑ものである。

自らが教え、営業もやり、資金繰りに駆けずり回り、空いた時間で副業をこなしても大変な業界である。地方の町でそんなおいしい話があるはずがない。どれだけの人達が泣きを見ているか・・・・・。

今日こんな話題を書いたのは、実は『田舎で塾をやる』とか『フランチャイズの設立』などの検索ワードで僕のブログに入ってくる方がいるものだから、塾業界の裏話を少しやったわけであります。大切なお金を無駄にしないようにして頂きたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナー冬期講習会ご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/20-f800.html

« ぶち切れた | トップページ | 先生と呼ばれる人間ならば »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾業界の裏話:

« ぶち切れた | トップページ | 先生と呼ばれる人間ならば »