最近のトラックバック

« つぶつぶの涙 | トップページ | ジャズの好きな人にアホはいない(笑い) »

2009年11月15日 (日)

文は人なり

今日はお正月以来の朝寝をした。風邪気味で少し頭が痛い。熱はないが身体がだるい。

高校の定期テストの答案用紙の丸付けをし、息子の車が車検なので自動車屋さんに持って行き、一日が過ぎた。

先日友人であり先輩の学び舎の小林先生http://k-manabiya.cocolog-nifty.com/blog/から電話を塾に頂いた。先生の塾が入っているビルのすぐ前の通りに、仙台に本社を持つ大手フランチャイズの塾が進出してきたとのお話だった。

小林先生の塾は奥州市水沢区にある。先生の塾そのものは開校してまだ年月が浅いが、水沢での先生のキャリアは30年近くになる。僕のような短気な輩とは違って、温厚で知的で感情に流されない冷静沈着な先生である。

先生は決して自分の大学名など口にしないが、僕など逆立ちどころか宙返り三回ひねりをやっても入れない旧帝大である。謙虚で思慮深いという表現はまさに小林先生のためにあるような言葉である。

大手が個人塾の近くに進出してきて、生徒を奪う常套手段は昔から大手がやる戦法である。しかし僕はミイラ取りがミイラになってしまった実例をずいぶんと見てきた。

もちろん経営者がフランチャイズ塾を意図的に既存している個人塾の近くに出すことは、法律違反でもないし自由競争の日本において、まさしく自由なことである。しかしやはり礼儀と言うものはある。

この塾業界そのものが、今後生き残って行くためには共存の思想が絶対不可欠であると僕は考えている。今回開校するフランチャイズの代表がどこまで、この塾の未来というものを考えているか知る由もないが、小林先生の塾が水沢のご父兄に支持されることに僕は確信を持っている。

僕のブログの師匠であるとよ爺先生http://toyojie.jugem.jp/?eid=3920#commentsも小林先生のコメントに述べておられたが、文は人なり、小林先生の日頃の記事がすべてを物語っていると思います。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« つぶつぶの涙 | トップページ | ジャズの好きな人にアホはいない(笑い) »

コメント

金田先生、ありがとうございます。

涙が出るほどうれしい励ましです。人は一人では生きていけないものだとつくづく思います。自分を本当にわかってくれる何人かの人間がいると思うだけで、明日もがんばろうという気持ちになります。

本当にありがとうございます。


(かねごん)
子どもたちを愛するハートと、暖かく厳しい視線が塾の神様が子どもたちを導いてくれると僕は信じています。大丈夫ですよ小林先生!

こんにちは、やはり先生も書きましたか。
私も実は小林先生にエールを送るつもりで「塾屋スピリットを忘れるな!」という記事を小林先生にレスを書いた後、4稿ほど書いてストックしました。
実は同じような内容の相談を長野の方からもほぼ同時に受けたこともあったのですが…。

あんな素晴らしい記事を書く人が世の人に認められないはずがありません。
小林先生こそ、ブログの師匠となるべき人ですよ、かねごん先生。
とは言え、お互いに歳を取るといらぬ考えをするものです。
同世代、励まし合っていきましょう!
ですが小林先生にはそんな励ましはいらないと思います。
実力がけた違いだと私は感じています。


(かねごん)
とよ爺先生コメントを頂きありがとうございます。
大手との勝負はどんな業種でも、個人企業の永遠のテーマですね。
記事でも書きましたが、共栄共存の住み分けが出来れば理想なのですが、土足で他人の家に入ってくるような輩が多いのが現実です。
とよ爺先生の言葉はきっと小林先生の活力になると思います。友人として感謝いたします。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文は人なり:

« つぶつぶの涙 | トップページ | ジャズの好きな人にアホはいない(笑い) »