最近のトラックバック

« やりたくないことがいっぱいある | トップページ | きっと道は見えてくるよ »

2009年11月 9日 (月)

伝説の赤ペン大魔神

自習室のテーブルに過去の塾生の自由帳を置いている。実は昨年から4年ぶりに教室に自由帳を置いたのだが、あまりのレベルの低さに切れ気味の僕であった。

シモネタと他人の中傷だけが目立つ次元の低さに廃止しようかなと思ったのだが、過去の塾生のすばらしい独白文なり、伝説となった赤ペン大魔神の雑文を読ませたなら、塾生も考えるところがあるのではないかと、20冊ほどのバックナンバーをテーブルに置いた。

案の定塾生が食いついてきた。「昔の塾生の落書きレベルが高い~」と、昨日行われた白ゆりテストを受けにきた生徒たちが、昼時間感心して閲覧していた。

当時は携帯電話がなかったので、塾生たちが伝言板代わりに使っていた。時に恋愛の相談ごとが書いてあったり、映画批評が書いてあったり、僕に対する質問状が記されてあったりする。

その中には、すでに結婚をして素敵な家庭を築いている卒塾生も多い。伝説の赤ペン大魔神くんは、現在テレビ局で活躍している。現在の記事力はこの自由帳で鍛えられたのではないかと思っている(・・そんなことはないか)。

メール世代になって、文章を書く感性が明らかに変わってきている。文章がリズミカルであるが、思考が短絡的。一見的を得ているようだが、感情的。唯我独尊的であるが、中身が空洞。ちょっと辛口すぎたが、つまりは文章が面白くないのである。

お笑い番組を一杯見ている子どもたちなので、もっとウイットがあるかと思いきや、残念ながら想像力が欠乏している。かつては塾生の中に詩人が必ず一人や二人ぐらいはいたものだ。

僕の塾の生徒ばかりではなく、塾のそばを帰っていく高校生を見ていても、殆どの生徒が、うつむきがちにケータイを見ながら帰っていく。彼ら彼女には、紅葉し風にそよぐ銀杏の彩りや、夕暮れ時に慎ましやかに姿を現した半月の光が見えているのだろうか。

今日はちょっと奮発して豪華な自由帳を買ってきて教室に置いてみようと思う。自習室で勉強そっちのけで自由帳の雑文書きに集中されても困るのであるが、せめて僕がブログで紹介したくなるようなイラストなり詩なり、たまには誰か書いて欲しいものである。

書いた文章に添削をしたりしないのでご自由にどうぞ

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« やりたくないことがいっぱいある | トップページ | きっと道は見えてくるよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の赤ペン大魔神:

« やりたくないことがいっぱいある | トップページ | きっと道は見えてくるよ »