最近のトラックバック

« 僕の人智学 | トップページ | 100年に一度の世界不況 »

2009年11月12日 (木)

人の花・感謝の意義 by Mr.Honda

僕がこのブログを始めて、最初にリンクを貼らせていただいたのが、山口県のみかみ塾ー本田屋Mr.Honda先生のブログであるhttp://mrhonda.jugem.jp/。音楽に造詣が深く、塾教師としての才覚もさることながら、音楽の感性に惚れ込んだかねごんであった。
私が尊敬してやまない宮沢賢治を髣髴とさせる詩を本田先生はしたためている。こんかい紹介する『人の花・感謝の意義 』の詩は、生きて行く根本姿勢を問いかけてくる文章である。ぜひ皆さんに読んでいただきたい。本田先生の「人の花・感謝の意義」からの抜粋である。
感謝。

感謝とは何であろう。
(中略)


感謝が道を外れるときの原因は何であろか。

そこにこそ感謝の本当の意味が隠されている。


感謝がその道を外れていくその原因は
「自己都合」である。

人はそれをわがままと呼ぶ。


「自分を大切にすること」が「自己都合」にすり替えられるとき
人はその感謝の道から外れていく。

「自己都合」が「他人を思いやること」を忘れさせるとき
感謝は崩壊し、
「自分を大事にすること」すら失ってしまう。

「自己都合・わがまま」が
「自分を大事にする」ということは決してない。
むしろ自分の道にバツ印を打っていくのと同じである。



豊かな道にだけ花が咲くのである。
自分の道に咲く花に水をやるのは自分だけではない。
必ず自分の愛する他の誰かが自分の花に水を与えてくれるのである。
自分を愛する他の誰かがそこに水をまいてくれるのである。
人を蹴落として傷つけて、あなたの花に水を与えてくれる人など一体どこにいよう。
人の花の美しさと尊さを知らないものに、誰が水を与えよう

豊かな道にだけ花が咲くのである。
昨日感謝が人間の根本のエネルギーだという文章をしたためたが、まさに本田先生のこの詩は鋭角的に僕の心の琴線を痛烈に刺しぬいた言葉の宝石である。
このような文章を書く先生が塾業界にいることを僕は誇りに思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 僕の人智学 | トップページ | 100年に一度の世界不況 »

コメント

誠にありがとうございます。m(__)m。

僕の方こそ、先生のようなあたたかい心のこもった記事の書ける先生がいらっしゃることに大変感謝しております。

まだまだ勉強不足ですが、よろしくお願いします。


(かねごん)
本田先生コメントを頂きありがとうございます。
先生の文章はいつも宝石のようなきらめきを持っています。
私の方こそ勇気や元気をもらっています。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の花・感謝の意義 by Mr.Honda:

« 僕の人智学 | トップページ | 100年に一度の世界不況 »