最近のトラックバック

« 自分の子供に甘い親が増えている | トップページ | 花巻東が夏の雪辱 »

2009年9月28日 (月)

ゼロバウンド

卓球のルールでは、ネットを越えなくとも、卓球台のサイドからの返球が許されている。ゆえに上の映像のような攻撃も可能になるのだが、もちろん決まれば相手は取れない。

中学生や小学生が練習したからといって出来る業ではない。この映像に出てきたような得点シーンを、僕は偶然試合で一度だけ見たことがあるが、もちろん狙って出来るものではない。

ゼロバウンド。不思議な響きのある言葉である。本来ボールは弾むものだ。弾むことによって様々な流れが生まれ、ドラマが生まれる。

人生とてそうである、水のような流れは、一度本流が出来れば、その流れを変えることは難しい。しかし弾む人生は時に、障害を越え、壁を跳ね、様々な人生模様を描いていく。時に道をはずれ藪に転がりだすこともある。

ゼロバウンドのピンポン玉を見て、僕はそんなことを考えていた。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 自分の子供に甘い親が増えている | トップページ | 花巻東が夏の雪辱 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロバウンド:

« 自分の子供に甘い親が増えている | トップページ | 花巻東が夏の雪辱 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ