最近のトラックバック

« 究極の日々 | トップページ | ともだち »

2009年8月31日 (月)

歴史の教科書がおかしい

僕は28年前に社会科の教師として塾デビューして以来、ずっと中学生に社会を教えてきた。15年前から生意気にも中学生は全教科を指導しているが、教えて一番面白いのが社会科である。

近年中学校の歴史の教科書がおかしくなっている。日本の近世で活躍してきた歴史上の人物が紹介されていないどころか、名前すら載っていない教科書が増えてきた。ゆとり教育による削除と言う前に、由々しき問題が錯綜している気がしている。

市内で使われている東京書籍の歴史の教科書では、江戸の単元で新井白石の名前が出てこない。おまけに幕末に無血の江戸開城をやってのけた勝海舟の名前さえも記載されていない。西郷隆盛が教えられているのになぜに勝海舟が教えられないのか。

僕は思うに「だって教科書に載ってないもん知らない」という子どもたちの態度には、教科書もさることながら、社会科教師の責任も多々あると思っている。教科書に載っていなくとも歴史上の流れで欠かせない人物というものはいる。

例えば応仁の乱を教えるさいに、足利義政の妻である日野富子の存在は欠かせない、女の情念とでも言うものが、戦国の世を生んだきっかけだった気がしないでもない。富子に子ども義尚が生まれていなかったならば、間違いなく戦国の世は違った展開をしていただろうと思う。そんな話をすると中学生たちは実に印象深く応仁の乱を記憶に留めてくれる。

それにしても我々が中学校時代に学んだ政治改革の立役者たちが、教科書から消えてしまっているのは、国の国策ではないかと疑いたくなる状況である。教科書検定のきな臭さがぷんぷんと匂ってくる。

僕はある意味過激な塾教師なので、教科書など関係なく歴史の裏話を生徒に暴露するのだが、支配者の目線で語られる歴史ほどつまらないものはない。

今回の選挙で民主党が政権をとることになったが、庶民の目線で、弱者の目線で政治を断行していってもらいたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 究極の日々 | トップページ | ともだち »

コメント

 まったく・・・・僕が変だな~といつも思うのは、県内の由緒正しき神社仏閣などに訪れるとそこの立て看板には”蝦夷征伐のためにだれそれが必勝祈願に参拝したとか、源のだれそれが必勝祈願に太刀を奉納した”などと、あたかも中央にたて突いたこちらの人間が悪者のように書かれていること、負ければ何を言われようが自虐史観におちいってしまう様なことが書かれていますよね、僕が岩手県人として誇りを持てるようになったのは、”中央の侵略”からなにくそ!と立ち向かった先人たちの思想があるからです。なにくそ~!と思う気持ち今の岩手県人には受け継がれてるでしょうか。

(かねごん)
伊庄様コメントを頂きありがとうございます。
まさにその通りですね。八幡神社が蝦夷征伐のための祈願所であることを知っている中学生や高校生など皆無でしょうね。僕は八幡様に祈願申し上げるときは、蝦夷以前から鎮座していたであろう素神に感謝申しあげることにしております。
支配者の神とか被支配者の神などないでしょうからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の教科書がおかしい:

« 究極の日々 | トップページ | ともだち »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ