最近のトラックバック

« せつない夕暮れだった | トップページ | 金がねえなら結婚しない方がいい »

2009年8月24日 (月)

僕の好きな山

国道四号線を一関市から平泉方面に北上していくと、山ノ目を過ぎ、すぐに右手に蘭梅山を見ながら峠道にさしかかる。田んぼの緑の絨毯の向こうに束稲山(たばしねやま)が見えてくる。僕はそこから見える束稲山が一番好きだ。

平泉中尊寺がある関山から眺める束稲山は、確かに優雅な曲線を描き訪れるものの目を癒してくれるが、一関から眺める束稲山の稜線は、男性的ないかめしさを醸し出し荒々しい。

藤原三代が崇拝した山だけに、山路の至る所に石宮や塚が祭られている。

080602_101719_3 息子たちが小さかった頃、この束稲山に家族で登山をしたことがある。登山といっても標高600メートルにも満たない山なので、登山道から経塚山山頂まで30分ほどの道程だが、子ども連れの山登りにはちょうど良い。日本カモシカが生息しており、幸運な方は遭遇するかも知れない。

山頂からは羽奥山脈に連なる、焼け石岳、栗駒山の勇壮が眺望できる。また北に目を転じると岩手山の頂も視野に飛び込んでくる。晴れた日は絶景が楽しめるスポットである。もちろん山頂までは車でも行ける。一関駅から束稲山山頂までは30分ぐらいだろうか。平泉の町が一望できる場所でもある。

080602_102223 登山道の途中にある巨大岩の体内くぐりである。奥州藤原氏の奥方が、安産祈願にくぐったという伝説が残されている岩である。

僕も五回ほどくぐったが、パワーを感じる岩だった。興味がある方はぜひチャレンジして頂きたい。

ききもせず たばしねやまの さくらばな よしののほかに かかるべしとは

西行法師が束稲山を読んだ歌である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« せつない夕暮れだった | トップページ | 金がねえなら結婚しない方がいい »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕の好きな山:

« せつない夕暮れだった | トップページ | 金がねえなら結婚しない方がいい »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ