最近のトラックバック

« キーワードは安心感 | トップページ | いざ決勝戦 »

2009年7月23日 (木)

お金持ち

いい暮らしがしたいと思い続け半世紀が過ぎようとしている。女房には「あなたは心の中で金持ちを軽蔑しているところがあるから金持ちになれないのよ」と言われる。

きっと当たっている。

塾の建物が老朽化し、5年前大家さんの多大な援助を頂き塾を新しくすることが出来た。お金がなくとも何とかなるものだと僕は思っている。高校に21年目を迎える軽トラックで行っているが、最初は用務員さんの作業用トラックと間違えられ、「先生そんな車に乗って何やってんの」と生徒に言われ、先生方からも「何か仕事頼まれたんですか」と言われ、ちょっと苦笑いである。

塾教師は決して儲からない。そんなことは初めから分かっていたことである。だから農業をやり、今年のように高校の臨時講師を引き受けたりしている。

貧乏ながらも、どうにか家族を養ってこれた。本当に感謝である。長男も来春学校を終え就職する。昨日は神奈川の大磯というところに入社試験を受けに行ってきた。私がブログでお世話になっているとよ爺先生http://toyojie.jugem.jp/のいる街に近い。これも何かの縁かも知れない。

ところで僕のブログを読まれている皆さんはもうご存知であるかと思うが、とよ爺先生は毎日濃密かつ個性的かつ時代を糾弾する繊細な記事を書き続ける、教育ブログ界の重鎮である。2年間で2880の記事を更新する体力と執筆力はすばらしい。

そのとよ爺先生が今月末より入院をされるという。心配である。病室からも記事を投稿すると言うことらしいが、あまり無理をなさらないで欲しいと思う。

とよ爺先生の記事を2年間読んできて思うことだが、いい暮らしとは、当たり前のことだが充実した暮らしなのだと思う。更新した記事が年間何百万人の方に読まれるブログなんて痺れるだろうなと思う。僕のブログは月に5000人から6000人の方が読んでくれるマイナーなブログであるが、それでもブログのタイトルではないがわくわくしてしまう。

ブログの原稿を書く時間は、年間400時間ぐらいになるかと思うが、誰かが原稿料をくれるわけではないし、金がないんだったら、その時間分働けよと言われそうであるが、どうしてもやめられない。病気である(女房によく言われるフレーズである)。

塾生や高校生から、「かねごん先生お金と髪でどっちが欲しい」とよく聞かれる。もちろんどっちも欲しいかねごんである・・・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナー 夏期講習会のご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-70f8.html

« キーワードは安心感 | トップページ | いざ決勝戦 »

コメント

こんにちは、学び舎です。
私もお金にならないブログを更新することにはまっております(笑)。しかし、先日のブログにも書きましたように、ブログが宣伝媒体になりつつありますので、道楽半分実益半分かとも思います。

価値観はさまざまですから「お金」を第一でも「精神的な充足感」を第一でもその人の趣味の問題かという気もします。一度「守銭奴」になってガッポガッポと儲けてみたいとも思いますが、自分の性に合わないことは続けられないでしょうね、たぶん。

充実感のある暮らしがやはり一番です。


(かねごん)
小林先生コメントありがとうございます。
や~お金持ちになりて~(笑い)。
でも僕の性格にはやっぱりあわね~!
類は友を呼ぶですかね。
天候が不順で体調の管理が難しい今年の夏です。
先生もお気をつけてお励みください。

>かねごん先生
お金にならないブログ会員の本田です。
日々、朝から晩まで、ブログです。
しかし、とよ爺先生のお身体は心配ですね。


>小林先生
はじめまして、ブログ拝読しております。
>充実感のある暮らしがやはり一番です。
その言葉をかみしめながらがんばります。


かねごん先生、小林先生、どうぞご自愛ください。


(かねごん)
本田先生コメントありがとうございます。
お金にならないブログ会員の輪が広がっています(笑い)。
塾業界の新しいネットワークが構築されていますね。
ところで山口県は大雨で大変でしたね。本田先生の所はだいじょうぶだったでしょうか。先生もご自愛ください。

こんばんは、褒めすぎですよ。
これではおちおち入院もできません。

ところで今日の夜中に、以前、書くとかねごん先生とお約
束していた記事を少し書いてアップしようと思っています。
評判が良ければ、思うところが多々あるので続けますが、
とにかく反応を見てみます。
例の子供の脳に関する記事です。
酷評を受けるでしょうが、頑張ってみますね。

息子さん、大磯に来ると良いですね。
かねごん先生を肴にうまい酒がきっと飲めるでしょうからね。
拙ブログを取り上げていただいて有り難うございました。
先生のお褒めに負けないよう頑張ります。

※病院からは入稿できないので、入院前に入稿予約をして
病院に行くだけです。ゆえに心配ご無用。読書に勤しんで
きます。

(かねごん)
とよ爺先生大変なときにコメント頂き恐縮です。
息子の就職はまさにこの時代を象徴するかのように厳しいようですが、何とか切り抜けて欲しいと願っています。
先生のようなバイタリティーがあればいいのですが、私の教育がいまいちだったようで、へとへと状態のようです。
とよ爺先生、本当にお大事になさってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金持ち:

« キーワードは安心感 | トップページ | いざ決勝戦 »