最近のトラックバック

« 孤独なランナー | トップページ | 本当に申し分けございませんでした »

2009年7月 4日 (土)

年相応の生き方

私が日頃お世話になっているテレビ局のタケ君が、ちょっと落ち込み気味に塾にやってきた。過酷な局からの要求とスケジュールに追い立てられて、グロッキー気味である。まもなく総選挙も始まり、テレビの報道局はさらにてんやわんやの忙しさになるだろう。

飲みにでも誘えばよかったが、私も私で家に帰って寝るだけの日々が続いていて、居酒屋の暖簾をくぐる体力が欠乏していたため、後日飲む約束をしたにとどまった。

「先生CDアルバムの録音取りはまだですか」とタケ君。「・・・・・・」と私。

実は今年のはじめに、タケ君から、みかみ塾の本田先生のように、受験生への応援ソングを作って欲しいと要望されていた。出来上がったあかつきには、テレビで特集したいとのことだったが、昨日のブログでも書いたが、忙しい!

ギターを握る暇もない。家内からも「ナルシスト的なブログばかり書いていないで、本田先生のような子どもたちに向けた応援ソングを作ったら」と言われている。息子からも、『カブトムシ』はもう飽きたと言われる始末で(;´д` ) トホホである。ギブソンのギターがこの梅雨空のもと弦が錆びついてきた。困ったものである。

今年私の敬愛する歌い手である忌野清志郎さんが亡くなり、『WE ARE  THE WORLD』の名曲を世にリリースし、多くの感動を与えてくれた同世代のマイケル・ジャクソンがこの世を去った。私が青春時代にあこがれたアーチストたちが、年を追うごとに天国に行ってしまう。

ふと私も、自分の残された人生のスパーンがあとどれだけなのだろうかと考えることがある。尿酸値は疲労と同じくマックスになっている。血圧も高い、血糖値も高い、薬を飲むほどではないが、紙一重の均衡を保っている。肝臓の強化にとほやをどんぶりで食べ、体内環境を活性化するために、朝鮮人参茶を欠かさない毎日である。

来週の土曜日は県民の卓球大会がある。今回一勝も出来なかったら今後県民大会の出場は辞退するつもりだ。中学校、高校の同級生たちの幾人かはすでに孫がいる。おじいちゃんである。私もぼちぼち年相応の生き方というものを考えなければならないと思う今日この頃である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナー 夏期講習会のご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-70f8.html

« 孤独なランナー | トップページ | 本当に申し分けございませんでした »

コメント

こんばんは、そんなステキな計画があるんですか。
楽しみにしてますよ、先生のCD。

先生の今日の詞はブログに書いてあったので、知っている
のですがやっぱり曲として聴きたいですよね。
先生のハートフルな歌声を…。
今度、YouTubeにでもアップしてくださいよ。
楽しみにしてます。


(かねごん)
とよ爺先生からコメントを頂いてから1週間、なすすべもなく日々が過ぎてしました。本当に失礼しました。
曲つくりもCD製作も夏休みにがんばりたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年相応の生き方:

« 孤独なランナー | トップページ | 本当に申し分けございませんでした »