最近のトラックバック

« 有効な時間の使い方 | トップページ | 音楽の効能 »

2009年6月11日 (木)

人の話は聞くべきである

人の話を聞くことが出来ない人がいる。子どもであるとか大人であるとか関係ないようだ。自分が思いついたことは、相手の感情など関係なくしゃべりだし、人が話し始めると意識は完全に違う方向に漂っている。

自己中心的なと言うより、他者に対して集中力がないのだと思う。悪気があってのことではなく、人の話をしっかり聞く習慣がない。授業参観やPTAの会合でもそうである。周りの状況に関係なくおしゃべりをしているお母さん方をよく見かけるが、自分たちが迷惑をかけていることさえ気づいていないようだ。

女子高生が電車の中で、周りに居る乗客の迷惑など関係なく、「あいつむかつくんだよね~ちょう~うざいってぇの」なんていう会話をしているが、そのまま結婚して母親になった姿を想像していただければ現実は見えてくるのではないだろうか。

したがって子どもたちに何度「うるさい」と言ったところで、話を聞かない状況は家庭で小さい頃から育まれてきたものだから、改善するにはだいぶ時間がかかる。

話し方教室というのはよく耳にするが、聞き方教室というのはめったに聞かない。しかし、人の話を咀嚼し聞くという行為は、学習能力や知的さを向上させるためのとても大切なアイテムだと私は考えている。

自分の知らないことを、当たり前だが他人は多く知っている。聞き上手の人間は相手の情報をうまく引き出す才能の持ち主でもある。時に専門書を幾冊か読まなければ入手できない情報や真実を、数分間の相手の話からキャッチでき収集できることは、まさに天の恵みである。その恵みを常に拒絶し続ける人生は、やはりどう考えても実り多い人生とは言えない。

ましてや学校や仕事場で大切な学びの情報を相手が与えようとしているのに、時にその貴重な時間を睡眠にあてるなどは、人生の損失である。

99パーセントが退屈でも、1パーセントの真理が話の中に潜んでいるかもしれない。聞かなければ0パーセントで終わってしまう。その連続が人生を大きく分け隔てていくとしたならば、やはり人の話には耳を傾けるべきである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 有効な時間の使い方 | トップページ | 音楽の効能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の話は聞くべきである:

« 有効な時間の使い方 | トップページ | 音楽の効能 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ