最近のトラックバック

« 山の神 | トップページ | 故郷 »

2009年6月 8日 (月)

一枚のCD

昨年レーベル不明の一枚のCDを中古屋さんで買ってきた。ネテイブアメリカンのたくましい青年の写真が掲載されていた。100年ぐらい前の写真だろうか。教室のCDラジカセにセットし流れてきた音楽に私は釘付けになった。

魂の遠吠えであった。動物を呼ぶ声だろうか、死者を弔う歌だろうか。悲しみといたわりと、生きる慟哭が聞こえてきた。太鼓にあわせ繰り返されるその遠吠えのような声が、聞いている私の心臓の鼓動にリンクし、まるで原始の草原を吹き抜ける風のようだ。

インターネットで調べてみると、インディアン音楽では有名な曲らしいのだが、日ごろジャズを聞いている私にとっては衝撃的だった。民族を超え時代を超え、すばらしい音楽は本当にすばらしい。皆さんもどうぞ堪能してみてください。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 山の神 | トップページ | 故郷 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一枚のCD:

« 山の神 | トップページ | 故郷 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ