最近のトラックバック

« アンフェアートレードからフェアートレードへ | トップページ | 体育系の生き方 »

2009年6月29日 (月)

『僕の好きな先生』

高校の先生は大変である。朝8時には職員室に入り、夜は8時ごろまで学校に残り雑務をこなしている。ほぼ毎日12時間労働の日々である。

もちろんその間授業や仕事がずっとあるわけではないが、電話の対応、休んだ生徒の対応や遅刻してきた生徒の指導、ノートの点検、宿題プリントの添削、3年生を受け持っている先生は、進路指導がこの時期から始まる。放課後は部活指導が入り、時によって掃除の指導や、放課後の街の見回りがある。

運動会やクラスマッチ等の段取りなどなど・・・・。気の遠くなるような業務が日々押し寄せてくる。私など非常勤講師なので、授業が終わればとっとと塾に帰ってくるのであるが、先生方は本当に大変である。

私が高校生のとき父親に言われたことがある。「学校の先生は楽でいいぞ。職員室でお茶を飲んでいてもお金になる。お前も大学を出て教師になれ」

天国にいる父には悪いが、父のとんでもない勘違いである。現場に入って見ると判るが、授業をする仕事は全体の4分の1にも満たない。ほとんどが肉体労働である。時に階段をダッシュし、時に血圧がマックスに達するぐらい怒り、時に指が腱鞘炎になるほどペンで書きまくる。大変である。

そんな大変な先生方に今日は懐かしいナンバーをお贈りいたします。

『僕の好きな先生』BY RCサクセッション

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナー 夏期講習会のご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-70f8.html

« アンフェアートレードからフェアートレードへ | トップページ | 体育系の生き方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『僕の好きな先生』:

« アンフェアートレードからフェアートレードへ | トップページ | 体育系の生き方 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ