最近のトラックバック

« 音楽の効能 | トップページ | 鬼の目にも涙 »

2009年6月12日 (金)

え!?まさか?まじで!

塾生の話である。

4月に赴任してきた先生が高校3年生を前にしてこうのたもうたらしい。

「俺はお前たちを生徒とはみなさない。商品だと思って扱う。ゆえに商品だから君たちを必要とする雇い主にちゃんと渡さなければならない。」

ちなみにこの先生職員名簿を眺めると、前は進学校にいたようだ。

一応私も高校に出向いて授業をやっているが、上記のようなシーラカンスのような先生がまだ存在することに驚きである。

あまりに驚いたので今日はブログがまとまらなかった・・・・・。今年一番短いブログでした。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 音楽の効能 | トップページ | 鬼の目にも涙 »

コメント

こんばんは。
かねごん先生のブログを読んでいて初めてです。
具合が悪くなってしまいました。。。

まだ、いるんですね~こういう変なことを言う人(敢えて先生とは言いません)。

(かねごん)
Muddyさんコメントありがとうございます。
あえて学校名は書きませんが、生徒もかわいそうです。
まだまだ教育の現場は闇が漂っています。

おそらく「社会に有用な人材に育てあげて世の中に出したい」という気持ちを表したかったのだろうと推察しますが、比喩の仕方が悪い。

ことばに対するデリカシーがないですね。政治家なみの鈍さと言いましょうか。これだから「センセイと呼ばれるほどの馬鹿でなし」なんていう川柳も生まれるのでしょうけれど。

十代の若い人たちが持っている言語感覚の鋭さにまったく意識が向いていない発言としか思えません。


(かねごん)
小林先生コメントありがとうございます。
高3の塾生の女の子は、おしとやかで清楚な生徒なのですが、切れていました。ちなみに大学進学を希望し私の塾で一生懸命学んでいるのに、全員就職組みとして見ている先生の意識も許せませんよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: え!?まさか?まじで!:

« 音楽の効能 | トップページ | 鬼の目にも涙 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ