最近のトラックバック

« バイト学生の問題 | トップページ | 人生の価値 »

2009年4月23日 (木)

年を取るのも悪くない

最近急激に眼が衰えてきた。老眼である。今年に入って、家内から遠近両用の眼鏡を作りなさいとずっと言われ続けてきたのだが、なにせ視力が今だに両目が1.5以上あるがゆえに、小さい文字を見る以外はあまり不自由を感じなかったものだからほったらかしにしていた。それがいけなかった。塾で生徒の解答用紙を見るのが厳しくなってきた。

そこでダイソーに行って100円の老眼鏡を買ってきた。とても楽である。しかし、ここでまた家内に叱られてしまった。「またそんな安物買ってきて。いちいちつけたりはずしたり仕事をするのに大変でしょう!」

首にぶら下げて、教室内を行ったり来たりしているのだが、確かに取り外しが不便である。100円の出費で済むかなと思い喜んでいたのだが、やはり眼鏡屋さんに行ってしっかり作ってもらわなければならないようだ。痛たた・・・・。

私の父は老眼鏡をつける前に他界してしまったが、明治生まれの私の祖父は黒ぶちのまんまる眼鏡の老眼鏡をかけて、よく新聞を読んでいた。小学校の時にふざけてかけてみたが、頭がくらくらして気持が悪くなった。

老眼鏡をかけて、楽だな~などと言っている私は、あれから40年以上の歳月を越えて、祖父のような黒ぶちの老眼鏡をかけている。変な話だが、よくもここまで無事生きてこれたな~という感慨と、年を取るのも悪くないな~という感情がしみじみと湧き出てくるこの頃である。

髪が薄くなり、ひげには白いものが増えてきた。黒ぶちの老眼鏡をかけている私はどう見ても年寄りである【笑い・・・】。中学や高校の同級生には、すでにおじいちゃんになったものもいる。

これからの人生、品良く枯れて行きたいと願うかねごんである。とりあえず眼は衰えてきたが、頭は衰えないように日々鍛錬しなければと思うしだいである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« バイト学生の問題 | トップページ | 人生の価値 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年を取るのも悪くない:

« バイト学生の問題 | トップページ | 人生の価値 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ