最近のトラックバック

« 桜が開花しました | トップページ | 不完全であることの勇気 »

2009年4月12日 (日)

古い人間かも知れないが・・・

結婚願望がない子ども達が増えている。男子生徒に、「男は家庭を持ち子どもが出来れば、一家の主としてばりばり働かなければならない。受験ごとくでくじけてどうする!」などとはっぱをかけると、「結婚なんかしたくないよ、自分で稼いだお金は自分で自由に使ったほうがいい」。こんな回答が返って来る。

男子達がたくましかった時代は過去のことなのだろうか。我々の頃は自分も含めてであるが、確かに粗野で野性的な獰猛性(・・笑い)とでも言うのか、デリカシーのない男が多かったが、恋人や好きな人のためには、火の中水の中というような根性だけはあった気がする。

今の中学生や高校生の男子を見ていると、とても優しさにあふれ素直な子ども達が多い。女子生徒がパワフルなのに比べると男子生徒は表立っては発言しないし、行動は控えめだ。

塾生の恋愛談を聞いていると、女の子達は積極的に告白をしたり、アプローチをするようだが、男子生徒はひたすら受身一方である。当たってくだけろ的な男子生徒は本当に少ないようだ。

私もこの年になるまで、いろんな結婚式に招待されたが、結婚の馴れ初めを聞くと高校時代の出会いがきっかけでというのが非常に多い。若い頃の出会いを逃すとなかなか結婚は難しいようである。都会に出て行く若者達もそれは同じようで、なかなか巡り合わせがないと話す教え子達は多い。

中学校や高校ではもちろん恋愛講座などというのはない。それどころか「大学受験に恋愛は禁物だ!」などとのたもう教師もいるらしい。

私は人を好きになる感情はしごく当たり前のことであり、人間を成長させてくれる貴重な体験の一つであると考えている。テレビドラマや小説のようなドラマチックな恋愛はないかも知れないが、それぞれの出会いにはまさに奇跡のような巡りあわせがあるものだ。

勉強も大切だし、恋愛も大切である。様々な状況把握を学ぶことの一つに男と女の出会いがあり、その実りとして結婚というドラマがあるのだ。

古い人間かも知れないが、やっぱり男たるもの女房を持ち、家族を持ち、精神的にも経済的にも独立し、生きて行く存在だと私は思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 桜が開花しました | トップページ | 不完全であることの勇気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い人間かも知れないが・・・:

« 桜が開花しました | トップページ | 不完全であることの勇気 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ