最近のトラックバック

« 孤独との付き合い方 | トップページ | 農作業始まる »

2009年4月 4日 (土)

大切なお金

塾のトレードマークであるカエル郵便ボックスに日々さまざまなダイレクトメールや教材サンプル、請求書のたぐいが送られてくる。そんな中に紛れ込んで、サラ金まがいの融資の葉書が舞い込んでくる。特に塾の経営がどこも大変だと思っているのか、暴利とも思える金貸業のハガキやメールが最近はやたらと多い。

銀行の融資でさえも大変な金利なのに、金利が二桁以上のお金に手を出してしまったら、この不況の中でどうやって返せるのだろうか。私は塾を始めるにあたって心に決めたことがある。こうした金融に頼らなければならなくなったら、潔く塾を辞めると。

おかげでこの20年間、そういったお金にかかわることなく生きてこれた。時に家族の保険を解約したり、車を手放したり、引きこもり家族のごとく1年間どこにも出かけなかったりしたが(・・・笑い)、保護者に迷惑をかけることもなく、友人にお金を無心することもなく、塾をやってこれたことにほっとしている。それが正直な感想だ。

地方の町はどこもそうかも知れないが、国道沿いには、これでもかと言うくらい土派手なネオンをまたたかせたパチンコ店が乱立している。夕方や週末は駐車場は一杯だ。そして必ずと言っていいほど近くには無人の金融バンク建っている。信号待ちなどをしていると、パチンコ店から出てきて、金融バンクに駆け込む若者の姿をよく見かける。

私がパチンコを始めた頃は田舎にはまだ手動式のパチンコ台があった。千円もあれば入らない台でも午前中いっぱいは遊べたものだ。今は1時間で2,3万円のお金が吸い取られていく。熱くなってしまい、一日で一ヶ月分の給料をつぎ込んでしまう若者もいると聞く。

先日中三の男子が言っていた。

「大切なお金をカードやゲーセンのゲームに使うやつを見ていると、本当にもったいないと思うよ。俺が将来親になったら子どもには絶対あんなお金の使い方はさせない」と。

子どもがどんなことにお金を使っているのかに、結構無頓着な親御さんが多い。お金の大切さやお金の怖さを子どもが中学生になったらしっかり話してやることは、とても大事なことだと思う。

「大験と同じ指導時間なのに3倍も4倍も月謝のかかる塾に行ってる友達がいるけれど、もったいないよね」と、入ってきた塾生が言っていた。

うちの塾は今年も春のチラシをまかなかった。市内では、うちの塾の存在を知らない方々も多いと思う。「君はラッキーだったね」口では言わなかったが、私は心でつぶやいていた。

正月休み以来、一日とて休みのない日々が3ヶ月間続いてきた。今日で春期講習も終わった。新入会者の面談もほぼ終了した。明日日曜日は中学の卓球大会があり朝は早い。午後は高校に行って授業の打ち合わせがある。

そして入学式が月曜日から目白押しだ。新学期がそれぞれ始まる。やっぱり休みはなさそうだ・・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 孤独との付き合い方 | トップページ | 農作業始まる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大切なお金:

« 孤独との付き合い方 | トップページ | 農作業始まる »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ