最近のトラックバック

« 久しぶりの履歴書 | トップページ | 頑張れパパ先生! »

2009年3月29日 (日)

ザ・塾教師

我が塾が進学塾なのか補習塾なのかは、私の選択ではなく入ってくる生徒達によるところが大である。類は友を呼ぶではないが、学年のトップクラスの生徒が二人、三人入塾してくると、誰々ちゃんが大験に入ったよということで、できる生徒が入ってくる。また学年で回れ右をしてトップクラスの生徒が入ってくると、じゃ私もと言うことで、似たような境遇の生徒が入ってくる。

ゆえに進学塾のような名前を冠しているが、本当にバラエティーに富んだいろんな生徒が在籍している我が塾である。

東北大や早稲田大学が受かる年もあれば、とにかく「大学という名のつくところに入りたい!」という切なる夢を抱く高校生がやって来る年もある。一流大学に合格させるのも大変だが、そうじゃないのももちろん大変である。英語の三人称単数や進行形すらままならない高校生を一般入試で大学に受からせることは、進学校の生徒を旧帝大に入れるよりもはるかに難しい。

それを毎年やり続けてきた私は、塾業界のイチローじゃないかと自負している。こんなことを言うととても嫌な奴に聞こえるかも知れないが、それくらいの自信過剰さがなければ、実は塾教師なる職業は続かない。なにせ受からせなければ、その後が続かないのである。

うちの塾は集団個別指導の塾であるが、生徒が10人いれば、私は10通りの人間に変身する。俗に言うカメレオン教師である。紳士的なオジサマタイプの先生の日もあれば、シモネタを連発するあやしいおじさんの日もある。またスポコンドラマのごとく情熱あふれる青春論をとくとくと論じる日もあれば、怒り心頭切れまくる日もある。それがザ・塾教師だと思っている。

その傾向は如実に私のブログにもあらわれている。哀愁漂う日記(自分で言うのもおこがましいが・・・)をしたためることもあれば、聖書宇宙人論ならぬあやしい記事を突如したためたり、我が家の貧乏物語を語り始めたりと、まったく一貫性がない塾ブログである。

開き直るわけではないが、一貫性のないところが我が塾の取り柄でもある。子ども達が楽しく学べ、ストレスを開放し、学ぶことの意義を個々に見出してくれれば、私の仕事は完遂されたもののように思う。それが寺子屋金さんこと大験セミナーが目指す方向性である。

《お知らせ》

一関附属中学校の入試がスタートし、受験をするしないにかかわらず、小学生の入塾が例年になく増えております。よって中学3年生の指導人数のキャパが例年ほどありません。新中3生の入塾をあと6名で定員とさせていただきます。新高3生の大学受験英語指導はあと4名とさせていただきます。ご了承ください。BY 校長かねごん

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナーのご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/about.html

« 久しぶりの履歴書 | トップページ | 頑張れパパ先生! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・塾教師:

« 久しぶりの履歴書 | トップページ | 頑張れパパ先生! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ