最近のトラックバック

« ダライ・ラマ、イエスを語る | トップページ | 政治献金 »

2009年3月 8日 (日)

かねごん前世を語る

前回の続きである。最近暴露話をずいぶんやってきた。もう丸裸状態のかねごんである。この教育ブログが単なる私の思いで日記になっている感がするが、今日もちょっとサイキックな暴露話をやってみようかと思っている。(実は暴露話を書くとその日のアクセス数がすごいことになっている。きっと塾生やもと塾生達が、かねごんが若い頃のヤンキー時代の話をしているぞ、などとメールが行き交いアクセス数が増えているのだろうと思うが・・)

ダライ・ラマは何度も生まれ変わり、ダライ・ラマをやっている。彼は14回目のダライ・ラマの人生を送っているらしい。らしいというのは実体の把握が難しいからである。観音様の生まれ変わりと言われているが、正直確証はない。

確証がないと言えばこれから私がやる話も確証がない。前世やサイキックな話に興味のない方はこの辺でログアウトしたほうが時間の無駄にならないはず。ためになるほかの教育ブログをどうぞ・・・・。

これからする話をかつて塾生にしたところ、「先生精神科に行って診てもらったほうがいいんじゃないですか」(・・笑い)と言われたことがあって封印していたのだが、卒業も間近いことでもあり、塾生へのお土産話にしてみたい。

私は2月7日の寒い夜に自宅で生まれたのだが、実はその日の記憶がある。母が布団の上にわらを敷いてもらい横たわっている。産婆さんらしき人物が一生懸命声をかけている。母が私を出産しようとしている光景であった。その後自分が産婆さんに抱きかかえられ、離れの風呂場でお湯に入れてもらったている自分の姿を、第三者が見ている視線で記憶しているのである。

その後の幼少期の記憶は3歳ぐらいまでほとんどない。あの風景の記憶は何だったのだろうか。

まだある。これは50年近い人生に於いて10回にも満たない経験であるが、人と話をしていたり対面している時に、フラッシュバックのようにその人のまったく違う人生が映画のように頭の中に描き出されることがある。誓って言うが、大麻や危ない薬をやっていたわけでは決してない(・・笑い)。

実は10年ぶりにその不思議な現象が昨年は2度もあった。話しても差し支えないかなと思われる相手の方には、勇気を持って私が見た光景を話したのだが、言われたご本人も思い当たることがあったようで、大変驚かれていた。こんなことを暴露すると、私の前世を見てくださいなどというメールが殺到しそうなので断っておくが、長い人生の中でたった数回だけの経験である。日常的にあるわけではないのであしからず。

山上で修行をしている山伏の姿であったり、真言宗の坊さんの姿であったり、インドの路上でお茶を入れているヒンズー教徒であったり、偶然かどうか知らないが宗教に関係するフラッシュバックが多い。

え~?!私かねごんの前世は何かって?ひげといい頭の禿げかたといいフランシスコ・ザビエルそっくりなので、きっとイエズス会の牧師だったのではないかと勝手に思っているかねごんである。あしからず・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

大験セミナー春期講習ご案内http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-a8aa.html

« ダライ・ラマ、イエスを語る | トップページ | 政治献金 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かねごん前世を語る:

« ダライ・ラマ、イエスを語る | トップページ | 政治献金 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ