最近のトラックバック

« 変貌する街 | トップページ | 思い続ける力  »

2008年11月 8日 (土)

命の大切さ

080425_093935  我が家のマドンナ、キラです。ブログ四度目の登場です。

昨年の12月に我が家に引っ越してきた、自称野良猫である。隣人の若夫婦に飼われていたのだが、赤ちゃんが生まれ、構われなくなったのか、その詳しい実状はわからないが、我が家に住みつき帰らなくなった。

夜は私の母の部屋で眠ったり、息子達の部屋で眠ったり、結構気を遣って家の中を放浪して歩いている。家族の中で一番可愛がられている存在だ。時に私よりもいいものをもらってちゃっかり食べている。

今年の春先に、体調を崩し、動物病院に三日ほど入院した。キラが無事帰ってきたときには本当に家族全員が大喜びであった。

ペットは実に多くのことを学ばせてくれる。自分の存在を家族に託すそのけなげさと、動物ゆえの意思疎通の難しさが、逆に絆を強くしているような気がする。

猫にしても犬にしても、命あるもの宿命で、いずれこの世から去っていく。私も子どもの頃、悲しい別れを何度か経験したが、本当に辛い別れだった。一緒に遊んだ思い出や、布団にくるまって寝たぬくもりなどを思い出しては、涙に暮れた日々を思い出す。

愛するものがいなくなってしまう現実が嫌だといって、ペットを飼うのをためらう方も多い。しかし、子どもの情操教育において、動物を飼う経験はとても大きな学びになっているように思う。

引きこもりがちの子どもが、ペットに癒され、外に出れるようになったという話を聞くことも多い。アトピーの子が、猫を飼うことで回復に向かったと言う話もある。猫や犬などのペット達には、医学では証明できない、何か不思議な力があるのかもしれない。

ニャ~オンの一声で、餌をもらったり、ドアを開けさせたり、水をもらったり、猫には敵わないかねごんであった。

(連絡)

明日の日曜日の白ゆりテストは、朝8時30分に始まります。受講者は遅れませんように。また午後1時30分頃の終了になりますので、軽食等を持ってきてください。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします

« 変貌する街 | トップページ | 思い続ける力  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命の大切さ:

« 変貌する街 | トップページ | 思い続ける力  »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ