最近のトラックバック

« そりゃないだろう | トップページ | 胃と肝臓の存在感 »

2008年11月 5日 (水)

落ちた偶像

小室哲也逮捕の速報がウエーブ上を駆け抜けた昨日、私はさまざまな感慨に耽っていた。

私と同年代であり、大学は違うのだが、私も音楽をかじっていた輩ゆえ、早稲田時代からの彼の存在は知っていた。彼を初めて知ったのは、角松敏生のバックバンドをしていた頃だった。

東京都内の大学フェスで、彼のバンドは好評だった。音楽仲間を介して彼の噂を何度か聞いたことがある。私はと言えば、大学を出た後、塾教師や家庭教師で食いつなぎ、狭いアパートで曲作りにいそしんでいたのであるが、多くの夢追い人がそうであるように、音楽の道は残念ながら夢で終わってしまった。

4202 今日はブログ更新記事400回記念として、大胆にも私の若き頃のライブの写真を貼り付けてしまった。左の写真がそうである。大学時代、最後のソロライブの写真である。この後とある音楽コンテストで、日本のヘビィメタ評論家の第一人者であり、ジャニーの全作品に日本語版の解説を執筆している和田誠氏から、私の作った曲にありがたき酷評を頂き、けちょんけちょんになった私は、自信を喪失していくことになるのであるが、それが今思うと塾教師への転換期だったように思う。写真の中のK・Yairiのギターは、30年近くの歳月をへて、塾の教室に鎮座し、いまだに私のブルースに付き合ってもらっている。

多くの音楽を世に送り出した、小室哲也の才能は非凡なものだった。時代の寵児ともてはやされ、華やぎと栄光の中を走り続けてきた人間だった。

彼が5億円の詐欺行為をはたらくまでになってしまった過程は、新聞各紙の報道で読ませてもらったが、利権に絡んだ多くの人間の欲望の中で、彼の芸術家としての感性がいつの日かゆがめられ、愛欲や権力欲にまみれていってしまったのであろう。

ある意味小室も被害者だったのかも知れない。裸の王様だったような気がする。

人生に置いてチャンスは皆平等に訪れる、同じように悪魔の誘いも平等に訪れる。自分を見失った時、天使と悪魔の見分けがつかなくなるのが人間のようだ。彼の人生から学ぶべきことは多い。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします

« そりゃないだろう | トップページ | 胃と肝臓の存在感 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

(*゚▽゚)ノいや~~www
先生に まだ髪の毛があるなんてww(今もありますが(笑))
若いなーーーwww(=3=)/


(かねごん)
cha☆chaくんコメントありがとう。わたしかねごんは、あの頃から精神年齢だけあまり変わっていないような気がする。体型や髪型は超かわっちゃったけどね・・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ちた偶像:

« そりゃないだろう | トップページ | 胃と肝臓の存在感 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ